花咲徳栄、今大会初先発の野村佑希が好投しベスト8進出

 

 ついに、先発投手として野村 佑希(3年)がベールを脱いだ。 

 Aシード・昨夏全国覇者・花咲徳栄春日部東が激突した北埼玉大会4回戦、花咲徳栄にとって最初の山であろうこの一戦、しかも他の試合でも言っているが北埼玉大会は3回戦、4回戦が昨日、今日と連戦である。それだけに各チームそれぞれの思惑が絡むのだが、花咲徳栄はおそらく当初の予定通り先発は野村、一方の春日部東だが、前日の伊奈学園戦おそらくできるだけ吉田光希(3年)に投げてもらい、エース白畑剛志(3年)はできるだけ使いたくなかったであろう。だが、伊奈学園はそんなに甘い相手ではない。結局エース白畑は前の試合5イニングを投げ、この日は連投となる。

 

 まず野村だが、リリーフ登板のそれとは違い、先発時は変化球を多く交え、時折自慢の直球を投げ込むパターンだ。立ち上がりも落ち着いており、意外であった。パワーピッチャーにありがちな制球を乱すこともなく、強打の春日部東打線に対し、時折長打こそ浴びるが序盤からスイスイと抑え込む。

 

 一方の春日部東・白畑は変化球中心の技巧派右腕だが、それが功を奏し、全国区の破壊力を誇る花咲徳栄打線は凡打の山を築き、試合は両者無得点のまま前半を終える。

 試合が動いたのは5回裏であった。花咲徳栄は一死から8番・新井 英一(3年)がライトスタンドへソロ本塁打を叩き込み待望の先制点を奪う。

 

 だが、春日部東・白畑は本塁打にも動揺せず、丁寧な投球が続く。

 

 花咲徳栄1点リードのまま試合は終盤を迎える。ここまでは総じて春日部東ペースであった。

 

 7回裏、花咲徳栄は一死から7番・井上 朋也(1年)がショートゴロを放つが、ショートが一塁へ悪送球を放り、井上は二塁へ進み一死二塁とする。さらに続く新井がレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げると、9番・田谷野 拳世(3年)がレフト前タイムリーを放ち貴重な2点目を奪い、白畑をマウンドから引きずり降ろす。代わった二番手・木下に対しても攻撃の手を緩めず、代わり端一死一、二塁から続く橋本更功(2年)がレフト線へタイムリー二塁打を放ち3対0とすると、2番・杉本 直希(3年)が四球を選び一死満塁とチャンスを広げる。ここで続く韮沢 雄也(2年)がきっちりと犠飛を放ち4点差をつけ花咲徳栄が試合の主導権を握ることに成功する。