2018年07月21日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs聖望学園

2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

浦和学院、聖望学園を退け5年ぶりの甲子園へあと1勝

 

 浦和学院聖望学園、昨夏もベスト8で激突したが、甲子園へ進むためには避けられない両者の対決だが、今年は準決勝でぶつかった。

 

 先発は聖望学園がエース坂本颯太(3年)、一方の浦和学院は昨夏も聖望学園を無失点に抑えている渡邉 勇太朗(3年)が登板し試合が始まる。

 

 先制したのは浦和学院であった。2回表、一死から6番・後藤 陸人(2年)が四球で出塁すると、続く坪井 壮地(3年)の所で浦和学院ベンチはフルカウントからエンドランを仕掛ける。これはサードゴロとなるが、一走・後藤が二進し二死二塁とする。ここで、8番・畑敦己(2年)がライト前タイムリーを放ち1点を先制する。

 

 浦和学院は5回表にもこの回先頭の坪井がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く畑もセンター前ヒットを放ち無死一、二塁とする。だが、9番・渡邉が犠打を失敗すると、続く中前 祐也(2年)もファーストゴロに倒れそれぞれ走者を進めるが二死二、三塁となる。だがここで、2番・矢野 壱晟(3年)がレフト前2点タイムリーを放ち、浦和学院が3点差をつけ坂本をマウンドから引きずり降ろし、試合の主導権を握る。

 

 聖望学園の反撃はその裏、この回先頭の藏田亮太郎(1年)がチーム初ヒットとなるライト前ヒットを放つと、続く内藤匠之介(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。ここで聖望学園ベンチは代打に其池義己(3年)を送ると、其池は期待に応えライトフェンス直撃の二塁打を放つ。聖望学園が1点を返したかに思われたが、二走・藏田のスタートが悪く、浦和学院の好中継もあり本塁憤死してしまう。

 

 この1点が入っていれば3対1で2点差、しかも聖望学園が裏攻めということもあり、結果的に言えばこの回の攻防が大きかった。その後聖望学園は防戦一方となってしまう。

【次のページ】 浦和学院vs聖望学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
絶体絶命のピンチを脱し甲子園へ!春夏連覇を達成した大阪桐蔭を試合レポートで振り返る!【後編】 【ニュース - コラム】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
苦悩を乗り越えアベレージ140キロ計測!東京屈指の左腕・草薙柊太(国士舘)のオフシーズンの過ごし方とは? 【ニュース - インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
二松学舎大附vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs仙台育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs川口【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
浦和学院 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

聖望学園頑張れ!!一投入魂 2018.07.19
因縁のライバル、浦学との好カード!
聖望らしく、自分達のしてきたことを信じて
頑張れ!!あと2勝!!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る