2018年07月14日 埼玉県営大宮公園野球場

市立川越vs武南

2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

埼玉大会初のタイブレークの末、市立川越が4回戦へ

 

 皮肉なものだ。今大会初のタイブレークは決して両チームが臨んだものではなかったはずだ。と言うのも、9回で終わるべき試合であったからだ。両チームの”譲り合い”により試合が長引いてしまった。

 

 昨秋県準優勝、関東大会出場チームでもあるCシード市立川越武南との一戦は、市立川越太賀 龍丈(3年)、武南・新田英貴(3年)と両エースが先発し試合が始まる。予想の範疇ではあったが、案の定終盤までもつれる展開となった。

 

 まず初回、武南市立川越・太賀の立ち上がりを攻め立て先頭の原田竜誠(2年)がライト前ヒットを放つと、続く田中泰地(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。だが、後続が太賀の前に連続三振に倒れ無得点に終わる。

 

 一方の市立川越武南の左腕・新田の立ち上がりを攻め、一死から小菅亮(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁するが、二死後新田の牽制球に誘い出され挟殺してしまい無得点に終わる。

 

 2回以降も毎回のように先頭打者を出しながらも無失点で切り抜ける市立川越・太賀に対し、武南・新田も毎回のようにヒットこそ浴びるが、外野守備のシフト(相手が右打者の時、センターが定位置、レフト、ライトが極端に深い)も当たり連打を許さない。何より両投手共に制球が良く四球が4回まで両チーム合わせて1つと少ないことが大きく、エラーもないため試合がテンポ良く進む。

 

 先制したのは武南であった。5回表、この回先頭の永瀬龍之介(3年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く永沼英治(3年)はこれまで同様にバントの指示が出るかと思われたが、武南ベンチは強攻策に出る。これに永沼が見事に応えライト越えのタイムリー二塁打を放ち1点を先制し、ついに試合の均衡が崩れる。その後8番・大木雅也(1年)がきっちりと送り一死三塁と追加点のチャンスを迎えると、ベンチは続く新田の所で初球スクイズの指示を出す。だが、新田は内側の変化球に当てることができず、結局武南は1点でこの回の攻撃を終える。

 

 一方の市立川越は、四死球を出さない武南・新田のピッチングや相手外野のシフトと6回裏にも二死一塁から牽制で刺されるなど、足を絡めた攻撃を完全に封じられ無得点と苦しい展開が続く。

 

 すると7回表、三巡目を迎え徐々に太賀の落ちる球に対し、見極めができるようになり始めた武南が追加点を挙げる絶好のチャンスが巡ってくる。先頭の竹仲真大(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く小澤伸二(2年)の所でベンチはエンドランを仕掛ける。結果はファーストゴロに倒れるがきっちりと走者を進めると、ここで突然市立川越・太賀が乱れ始める。6番・永瀬龍、7番・永沼に連続四死球を与え一死満塁とし、続く大木にもフルカウントにしてしまう。ここで武南ベンチはスリーバントスクイズの指示を出すが、インコースの直球ストライクボールを空振りし結果は最悪の三振併殺に倒れ、武南はこの回まさかの無得点に終わる。

 

 これで息を吹き返した市立川越は、7回裏、この回先頭の原田洸斗(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く瀬良潤平(2年)がシフトを破り左中間へタイムリー二塁打を放ちついに1対1の同点に追いつく。押せ押せの市立川越は、さらに無死二塁から6番・島田悠椰(3年)が犠飛を放ち一死三塁とチャンスは広がったかに思われた。だが、次の瞬間武南サイドから歓声が上がる。二走・瀬良の離塁が早くアピールプレーによりアウトとなり、市立川越は結局1点でこの回の反撃を終える。

 

 市立川越は8回裏にもこの回先頭の太賀がセンター前ヒットを放ち勝ち越しのチャンスを迎える。当然続く9番・岡本直希(3年)の所でベンチは送りバントの指示を出すが、またしても新田の牽制に一走・太賀が刺されてチャンスが萎む。これまでと違い、盗塁を考える場面ではなかっただけに非常に痛いプレーとなってしまったが、さらに太賀はこのプレーで足を攣ってしまう。

 

 幸い治療の結果大事には至らなかった太賀は続投し、中断明けこそヒットを浴び一死二塁のピンチを招くが、ここを無失点で切り抜けるとその後は武南打線をノーヒットに抑えるピッチングを見せる。

 

 一方の新田も毎回のように走者こそ出すが、要所を締め試合は延長戦へと進む。

 

 延長戦に入ってからも両投手は続投する。走者を出すとバントで得点圏へ走者を進め一本待ちをする。延長戦の展開としては定石どおりであるが、互いに一本が出ず試合はついに延長13回を迎え今大会初のタイブレークに突入する。

【次のページ】 市立川越vs武南(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
昌平、市立川越らが勝利!春季埼玉県大会 大会4日目7試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
川口市立vs武南【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
市立川越vs南稜【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
市立川越らが勝利するも、浦和学院が敗退!ベスト16、夏のシード校が決定!【春季埼玉県大会・24日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
市立川越vs埼玉平成【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
正智深谷vs武南【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
川越東vs市立川越【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第2回 最激戦区となった南埼玉、北埼玉は花咲徳栄の独走を止めることができるか?【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
市立川越 【高校別データ】
武南 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 南埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

市立川越おめでとう近所の叔母さん 2018.07.14
延長からの新ルールでの勝ち、感動しました☆
武南浦和のまく~るから手塚 2018.07.13
頑張れ

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る