2018年04月30日 埼玉県営大宮公園野球場

花咲徳栄vs山村国際

2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

徐々にエンジン全開か、花咲徳栄貫禄のコールド勝ち



4点目のホームインする花咲徳栄

 昨年の夏、全国制覇を果たした花咲徳栄。その後の新チームで挑んだ秋季県大会も、一番新チームのスタートが遅かったにもかかわらず、しっかりと勝ち上がって優勝している。今、埼玉県内では間違いなく頭一つ抜け出した存在と言っていいであろう。
 この春の県大会も、初戦は川越東と1点差の試合となったものの、確実にギアを上げてきているという印象だ。

 花咲徳栄は、初回は二死一三塁を逃したものの、2回は6番倉持君の右越二塁打とバントと暴投でまず1点。3回も四球と3番韮澤君の中前打で一三塁として、野村 佑希君はしっかりと右へ運んで犠飛とした。このあたりも、無理して安打にしていこうとしないで、「ここは、犠牲飛球で大丈夫だ」という感じで、しっかりとコースに逆らわない打撃だった。
 そして、花咲徳栄の素晴らしいのは、こうして試合をしていきながら2巡目、3巡目と進んでいく中で、それぞれがどう投手を攻略していくのかということを頭に入れていき、対応していかれるところである。
実は、つい先週、NHKの高校野球解説をしている大矢正成氏に会って、話をしたのだが、その際に「野球の感性をどう磨いていくのか、それが高いチームがやはり甲子園で勝てますね」ということを言っていた。「最近で、その感性の高さを感じたチームはどこですか」と尋ねたら即答で「去年の花咲徳栄ですね」と、返ってきた。

 この日の花咲徳栄を見ていたら、その言葉を見事に裏付けているのだなと思わせてくれた。
 ストレートのキレも、スライダーも決して悪くない山村国際の先発久武君に対して、2巡目まではやや打ちあぐねているのかなとも思われた花咲徳栄だったが、4回は二死二塁から9番田谷野君が右前タイムリーして返すと、1番に戻って橋本君は、2打席凡退していたのだがしっかりと対応を示して中前打。さらに杉本君も右前へはじき返して二走の田谷野君を迎え入れる。さらに一三塁で3番韮澤君もしっかりと右前打。この回たちまちさ4連打して3点を奪った。

 そして5回には大爆発。打者11人で橋本君の右越三塁打や韮澤君、野村君の連続二塁打などの7安打1四球で7点が入った。守っても、先発の中田君が5回を2安打1四球で0に抑えた。
 岩井隆監督も、「相手の失投ではなく、自分たちで狙い球をしっかりと決めて捉えていかれていたので、よかったのではないか」と、野球の感性の高さを評価していた。それでも、「埼玉県はいい投手が多いので、そんなに甘くありません。夏を見据えると、これからが本当の意味でスタートということになります。一度か2度、思い切り負荷をかけて、そこからもう一度作っていかなくてはいけない」と、大勝にも気を緩めることなく引き締めていた。

 ここまで昌平伊奈学園に競り勝ってここまで来た山村国際だったが、花咲徳栄の前にねじ伏せられてしまったという印象ではある。とは言え、特に大きなミスがあったというワケではなく、自分たちの野球はしっかりとやっていかれていたとは言えるのではないだろうか。

 

(取材・写真=手束 仁)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
駿台学園、聖パウロなどが勝利!5チームが代表決定戦へ!【東京都一次予選 結果】 【ニュース - 高校野球関連】
5チームが代表決定戦進出!結果をトーナメント表でチェック!【春季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
横芝敬愛vs山村国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第75回 大阪桐蔭が選抜優勝!2018年高校野球を振り返る!【上半期】【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第837回 野村佑希も認めるクラッチヒッター・井上朋也(花咲徳栄)3年間で師匠を超える! 【2018年インタビュー】
第817回 3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花咲徳栄vs鳴門【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花咲徳栄vs上尾【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
花咲徳栄vs滑川総合【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
花咲徳栄 【高校別データ】
山村国際 【高校別データ】
平成30年度 春季高校野球埼玉県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る