春日部共栄、苦しみながらも県大会進出



内藤(春日部共栄)
 

 経験、バリエーション共に豊富な投手陣を誇る春日部共栄対旧チームから主力がごっそりと抜けた叡明との一戦、試合は戦前の予想に反し終盤まで僅差の展開となる。

 

 先発は叡明が背番号7の石川、一方の春日部共栄は大型左腕・渡部 太陽(3年)が登板し試合が始まる。

 

 石川はオーソドックスな右腕で直球はMAX130km前半ほどだが、これにスライダーと縦変化の球を交ぜコンビネーションで打ち取っていく。一方の渡部も直球はMAXで130km中盤程だが、角度があり、これにチェンジアップを交えられるとなかなか判別が難しそうな投手だ。

 

 初回、春日部共栄・渡部が叡明打線を三者凡退に抑え、まずは無難な立ち上がりを見せると、その裏春日部共栄叡明・石川の立ち上がりを攻め立てる。先頭の田中 翔太郎(3年)が初球を捉えセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く髙橋 和希(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。3番・田山 駿(3年)も四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げるが、続く塩野 閣也(3年)は凡退、さらに5番・渡部の所でキャッチャーがややファンブルする間に各走者が果敢に次の塁を狙うが三塁で刺され先制機を逃す。

 

 対する叡明も2回表、二死から6番・石原が四球を選ぶと、続く中村 康の所でエンドランを仕掛ける。これが見事に決まり二死一、三塁とチャンスを広げるが後続が打ち取られ無得点に終わる。

 

 春日部共栄は3回裏にもこの回先頭の宮崎 裕人(3年)が四球で出塁すると、続く片平 進(2年)がきっきりと送り一死二塁とする。さらに1番・田中がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げるが後続が倒れ無得点に終わる。

 

 すると叡明も4回表、この回先頭の松浦 怜(3年)が四球を選び出塁すると、続く三部 佑樹(2年)が送り一死二塁、さらに5番・石川がレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げるが、相手の攻守もあり後続が倒れ前の回の春日部共栄と同じような形で無失点に終わる。