山村学園、新たな歴史を残す!二季連続のベスト4入りを達成!



木内輝(山村学園)

 1日順延となって空いた埼玉県大会準々決勝。山村学園vs埼玉栄の一戦。来夏は南埼玉のライバルとして戦うことになる両チームだが、その前哨戦とも言っていこの試合は試合序盤から激しい攻防。

 2回表、二死二、三塁から山村学園は9番大塚の中前安打で先制。さらに1番木内 輝が左中間を破る長打。これで三塁走者が生還し、そして一塁走者・大塚も狙うがアウトとなった。ここで埼玉栄の先発左腕・嶋田 航は降板。島田はコンスタントに130キロ前後は出ていて、変化球の切れ味も悪くない。ただ甘く入った直球を見逃さない山村学園の打撃力はかなり高いレベルに達している。3回表からエース・米倉 貫太を投入し、山村学園の勢いを防ぎにいく。3回裏、一死一、三塁のチャンスを作り、5番井上の中前適時打で1点を返し、試合の流れを取り返す一打に見えたが、その後の1本が出ないことが山村学園に勢いを与えた。

 4回表、一死から敵失、8番和田の右前安打でチャンスメイク。9番大塚はきっちりと犠打を送り、二死二、三塁となって、木内はインローに決まる142キロストレートを見事に右中間へ打ち返し、貴重な2点適時打。5回表、6番櫻澤の適時二塁打で1点を追加し、5対1と点差をつけたが5回裏、埼玉栄は、一死三塁から6番茶屋の内野安打で1点を返す。

 6回表、木内がまたも二塁打を打つ。これもイン寄りのボールで簡単には打てない球種だが。米倉の直球に全くふりまけておらず、しっかりとボールを見極めて打ち返すことができている、前チームでは下位をうっていた選手だが、当時の印象ががらっと変わるぐらい良い選手だった。今日の試合に限っていえば、西巻賢司(仙台育英)より輝いて見える。スクエアスタンスで構え、グリップを肩の位置に置いて背筋を伸ばしてバランスよく構える姿はいかにも好打者という雰囲気を漂わせる。