2017年09月26日 上尾市民球場

市立川越vs市立浦和

2017年秋の大会 埼玉県大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤以降の点の取り合い!接戦を制したのは市立川越



気迫の投球を見せる太賀(市立川越)

 上尾市民球場で行われた、埼玉県秋季大会3回戦・市立浦和市立川越の試合は中盤以降激しい点の取り合いとなった。

 市立浦和・小原、市立川越・太賀の両エースの先発で始まった試合。序盤は投手戦となった。小原は緩急を使い、打たせて取る投球に対し、太賀は威力のある直球と切れ味鋭い変化球で三振の山を築いていった。

 そんな中、先制したのは市立川越。2回に、2四球などで二死一、三塁のチャンスに8番・太賀自ら左前適時打を放ち1点を先制した。さらに4回、二塁打で出塁した6番・瀬良を進塁打で三塁に送り、打席には太賀。またも適時打となる中前安打を放ち、リードを2点とした。

 反撃したい市立浦和は5回、単打3本で一死満塁としバッテリーエラーで1点差とした。そして4番・小原が中前にしぶとく運び、二者が生還し逆転に成功。さらに5番・軽部が左越え適時二塁打を放ち、さらに1点を追加。打者10人の猛攻で4点を挙げた。

 逆転された市立川越だったが、全く雰囲気は沈んでいなかった。直後の5回裏、四球で出塁した1番・岡本が犠打と敵失で三塁に進み、3番・羽田が右前適時打を放ち、1点差。さらに5番・河野にも適時打が生まれ同点に追いついた。
 流れに乗った市立川越は6回に、4番・原田から6番・瀬良までの3者連続適時打が生まれるなどして打者10人の猛攻で5得点。これで勝負あったかに思われた。

 しかし8回に市立浦和が反撃。3つの四球で一死満塁とし、2番・春原が左前に2点適時打を放ち、点差を縮める。さらに再度満塁とし、5番・軽部が押し出し四球を選び2点差としたが反撃もここまで。激しい点の取り合いを市立川越がものにした。

 市立川越はエース・太賀が一度マウンドを降りた後、ストッパーとして再度登板。気迫を見せる投球で、チームを勝利へ導いた。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
私立優勢の埼玉県に風穴を開けたい上尾、市立川越ら実力ある公立7校をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
春日部共栄、聖望学園、浦和実など躍進に期待できるチームを紹介! 【ニュース - コラム】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
埼玉栄vs市立川越【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs星野【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
大宮東vs市立川越【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
山村国際vs市立浦和【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
市立川越vs浦和実【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
市立浦和 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る