2017年09月24日 上尾市民球場

市立川越vs聖望学園

2017年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市立川越、気迫の勝利!



 3回、ワンチャンスを生かした市立川越。9番小菅がセンター前に初ヒット。1番岡本が手堅く送り一死二塁とチャンス。2番高橋の当たりは二塁正面の強いゴロ、これを二塁が弾きセンター前に転がる間に二塁走者が一気に本塁へ1点先行。勢いづく市立川越の応援団も最高潮。応える3番羽田もレフト前ヒットで一・二塁。続く5番河野がセンター右に運ぶ、これが犠牲フライとなり2点目が入る。聖望学園内野陣の乱れに乗じて2点先行し、試合の流れを呼び込んだ市立川越。自責点0で2失点の聖望学園先発坂本には痛恨のイニングとなった。

 聖望学園打線も1回から4回まで毎回走者を出すが後続が凡退。市立川越先発の右腕太賀の低めに丁寧に投げる速球と落ちる変化球にタイミングを外され、5回から9回二死まで、14人が連続で抑えられた。特に5回は、一死から1番ハンソンがレフト前ヒットで出塁したが、2番山下の送りバントの構えに一塁走者が投手けん制に刺され流れを掴めず3人で抑えられた。

 聖望学園先発の坂本は130キロ後半の伸びのある速球に縦の変化球を低めに集め9回完投。非安打6と散発に押さえ自責点0と好投も報われず。

 聖望学園は、9回二死から5番高橋(那)のこの試合2本目の長打がセンター頭上を越える三塁打となり、続く、先発好投の坂本が執念のレフト前タイムリーで1点を返す。更に6番藪の4球目にワイルドピッチで坂本が二塁へ、一打同点のチャンス。ファールで粘る藪に対し市立川越の先発太賀も最後の気力を見せ、カウント2-2から低めへ変化球で勝負。バットが空を切りゲームセット。市立川越の試合にかける気迫と執念が勝った。共に6安打、三振7と互角に戦ったが、失策は市立川越が0に対し聖望学園は2と守りの差が勝敗を分けた試合だった。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春日部共栄、浦和学院などが4回戦へ!上尾は公立校対決を制する!【選手権埼玉大会・17日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
世代を代表する右打者・井上朋也(花咲徳栄)は勝利を最優先するスラッガーへ! 【ニュース - インタビュー】
第1018回 たった1球の甘い球を見逃さないスラッガーへ 井上朋也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第996回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
日大二vs市立川越【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
市立川越vs南稜【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
聖望学園vs越ヶ谷【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
市立川越vs埼玉平成【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第545回 「長所」を上げられたことが覚醒の口火 秋の東京王者・国士舘(東京)【前編】【野球部訪問】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
第176回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【後編】 【2014年インタビュー】
第175回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【前編】 【2014年インタビュー】
市立川越 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る