2017年09月23日 さいたま市営大宮球場

星野vs昌平

2017年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

クリーンアップの仕事!同点打の直後に逆転打で鮮やか逆転!



同点のホームイン

 星野昌平の一戦。まずは初戦を突破したい両校にとって大事な試合。星野の先発は後藤、昌平の先発は左腕・米山でスタートした。

 まず先手をとったのは星野。1回表、4番・村西のラッキーなポテンヒットなどで二死二、三塁のチャンスを作ると、ここで5番・中田の一ゴロが内野安打になり二者が生還。ラッキーな形で2点を先制した。

 負けていられない昌平はその裏。1番・佐々木涼がセンターへのクリーンヒット。2番・廣田がバントで形を作り、3番・比嘉蓮はセカンドゴロで進塁打。二死ながら追撃のチャンスを作り、流れを渡さないためにも一打がほしい場面。ここで打席に立った4番・谷口が中軸の仕事をする。逆らわないバッティングで右方向へ持っていき、これがタイムリーヒットとなり1点を返す。

 4番・谷口の勝負強さは止まらない。3回裏に二死から3番比嘉蓮がフォアボールで出塁。比嘉蓮はその後盗塁成功で二塁へ進塁し、得点圏にランナーを置く場面となったところで、谷口がレフトで運び、二塁走者の比嘉蓮は一気に本塁突入。クロスプレーは間一髪セーフとなり同点となった。昌平スタンドが大きく湧き、興奮冷めやらぬ雰囲気の中、打席に立った5番・福地が初球を強く振り抜き、右中間を真っ二つ。谷口が一塁から生還し、逆転に成功した。

 ここから試合が動いていくものかと思われたが、両軍投手陣が粘りを見せ、なかなか得点が刻まれない。特に昌平の先発、米山は初回に不運な形で得点を許してからは、しっかりと安定した投球を見せ、星野打線を翻弄。8回にはピンチを背負ったが、三振に斬って取るなど、決定的な一本を許さなかった。

 結局、3回裏に4番・谷口、5番・福地の連打で逆転した攻撃が勝負を決したこととなった。勝った昌平は3回戦へと進む。

(文・写真=編集部)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
創価、流経大と同リーグの強豪・共栄大の新入生から11人の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
第1074回 鮮烈デビューから1年。埼玉を代表するスラッガー・渡邉 翔大(昌平)が目指す道【前編】 【2019年インタビュー】
第1075回 ホームランだけではなく、勝利のために局面に応じた打撃を 渡邉 翔大(昌平)【後編】 【2019年インタビュー】
第1044回 埼玉ナンバーワン左腕・米山魁乙(昌平)が勝てる投手になるために取り組んだこと 【2019年インタビュー】
西武台vs昌平【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs星野【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
春日部共栄vs昌平【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
昌平vs聖望学園【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
昌平vs坂戸【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1005回 キーワードは「立ち・フリック・タイミング」!米山魁乙(昌平)は切れ味を武器に全国の扉をこじ開ける!【後編】 【2019年インタビュー】
昌平 【高校別データ】
星野 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

星野新チーム★だけに 2017.09.20
新チームの始まり
実際には夏大会後には
始まっていますが
粘り強く しっかりと守って
星野らしい野球をやろぜ!!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る