2017年04月28日 埼玉県営大宮公園野球場

大宮東vs桶川

2017年春季埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

6点差を大逆転!大宮東が勝利!



延長10回、同点に追いついた大宮東

 昨日より開幕した春季埼玉県大会埼玉県営大宮公園野球場では2回戦 大宮東桶川の一戦が行われた。

 先制したのは桶川だった。先頭・冬室が四球を選びその後犠打と安打で一死一、三塁とすると4番・石井がスクイズを決め1点を先制した。

 対する大宮東は3回に押し出しの死球で同点に追いつく。
しかしすぐさま桶川は反撃に出た。一死一塁の場面で3番・山口がレフトへの2点本塁打。ベンチスタンド共に湧いた。

 山口の本塁打をきっかけに一気に流れは桶川に。5回、7回には下位打線でしっかりと点をとり、大宮東を2対8と突き放した。

 6点のリードを許した直後の8回裏、大宮東の攻撃。大宮東打線が目を覚ました。この回2本の適時打と2つの押し出し四球などで一挙6得点。試合を振り出しに戻した。
同点に追いつくことができたのは、大宮東ベンチのベンチワークが大きい。この試合、劣勢となっても、ベンチから選手たちの大きな声が飛んでいた。ナイン、ベンチ、そしてスタンドが一体となった攻撃で試合の空気を一気に変えた。

 同点で迎えた9回裏、桶川は二死一、三塁とサヨナラのチャンスを迎える。しかし9番・廣田は左飛に倒れ試合は延長戦へ。

 10回表、サヨナラのピンチをしのいだ大宮東が今度は勝ち越しのチャンスを迎える。一死満塁とすると2番・風間が押し出しの四球を選んで1点を勝ち越し。その後、4番・緒方 康貴の走者一掃適時三塁打で3点をあげた。

 追い込まれた桶川。「必ず追いつくぞ!」と笑顔でベンチへ帰ってきた。二死一、二塁とすると5番・小磯、6番・大月の連続適時二塁打で3点を返し1点差に。この試合の行方はどうなるのだろうか、球場全体にそんな雰囲気が漂った。
しかし最後は大宮東・3番手の背番号1・菅原が抑え、試合終了。4時間近くに及ぶ熱戦は幕を閉じた。

 6点差をひっくり返し見事に勝利した大宮東。追いついた7回表の攻撃前には「勝つぞ!勝つぞ!勝つぞ!」と繰り返されていた。最後まで諦めない姿が実を結んだ素晴らしい勝利だった。

 一方敗れた桶川。計6人の投手をつぎ込むも後半の大宮東の勢いを止めることが出来なかった。しかし10回裏の1点差まで詰め寄る攻撃はじめ、打撃の力は大宮東に全く劣らず、今後の桶川の活躍がとても楽しみな試合を見せてくれた。

 熱戦を制した大宮東は30日埼玉県営大宮公園野球場にてシード校・花咲徳栄と対戦する。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
慶應志木、9人の浦和西に苦戦!南部地区予選2試合を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
大宮東vs蕨【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
力を見せた花咲徳栄がV5!熾烈極めた埼玉大会を振り返る! 【ニュース - コラム】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
山村学園vs大宮東【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
大宮東vs市立川越【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
大宮東vs上尾【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第215回 【逸材レポート】島村大樹(大宮東)「埼玉を代表する伝統校・大宮東に現れた二刀流」【ドラフト特集コラム】
大宮東vs埼玉栄【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
大宮東 【高校別データ】
桶川 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

大宮東闘志大東ファン 2017.04.27
予選の強力打線 投手の安定で 絶対勝利!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る