2017年04月26日 埼玉県営大宮公園野球場

川口vs与野

2017年春季埼玉県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

長打攻勢で7得点を挙げた川口が、コールド発進!



試合を決める本塁打を放った増田(川口)

 本日から開幕した春季埼玉県大会埼玉県営大宮公園野球場では、与野川口の一戦が行われた。

 序盤は両チームともに走者は出すものの、得点には結びつかない展開。与野・前島、川口・古賀の両左腕の粘り強い投球が続いた。

 そんな中、4回に試合が動く。先制したのは川口だった。一死後、5番・増田が中前安打を放ち、チャンスメイク。二死後、打席に迎えるのは7番渡辺。渡辺は高めの球を上手くたたき、打球は右中間フェンスを直撃する二塁打を放つ。この間に一塁走者・増田が一気に生還し、川口が先制した。この1点で川口打線は目覚めた。

 続く5回には、先頭の1番・吉本が左翼線に安打を放ち出塁。2番・後藤が犠打で送り、二死となったものの、4番・飯田を迎える。飯田も渡辺同様、右中間に強烈な打球を運んだ。これが適時三塁打となり、川口が追加点を挙げた。

 グラウンド整備後の6回も、打線の勢いは止まらなかった。6番・荒川が先頭打者として、右前安打を放ち出塁。そして続くは、先制の適時二塁打を放った7番・渡辺。前の打席では逆方向への打撃だったが、この打席では思い切り引っ張った。高々と舞い上がった打球は、そのまま左翼スタンドへ。2点本塁打となり、4対0とリードを広げた。

 そして7回。3番安西が中越え三塁打を放ち、追加点のチャンスを作ると、4番・飯田が三遊間を破り、さらに1点追加。そして続く5番・増田が、甘く入った球を見逃さずにとらえ、左翼席に本塁打を放つ。これによりコールドゲームが成立し、12安打中5安打が長打と、長打攻勢を見せた川口が7回コールド勝ちを収めた。

 序盤とは打って変わって、中盤以降は川口打線が目を覚まし、得点を重ねた。投げては、背番号10・古賀が与野打線をシャットアウト。被安打2、四死球2という安定した投球を見せ、チームを勝利へ導いた。

 勝利した川口は、28日に市立川越と対戦する。次戦でも、本日の試合で見せた打撃力を発揮することを期待したい。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大宮東vs川口市立【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
川口市立vs川越工【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
川口市立vs星野【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
与野vs大宮北【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は? 【ニュース - 高校野球関連】
地区代表が続々と決定!名門・浦和学院、埼玉栄vs武南は?南部地区予選2試合を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第105回 2015年の高校野球を占う【埼玉編】「浦和学院が一歩リードも、今年も混戦模様!」【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
川口 【高校別データ】
与野 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

川口必勝北陸 福井 2017.04.24
3回戦  きっと勝つ
頑張れ
与野弾丸弾丸 2017.04.23
いつも通り!
頑張ってください!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る