2017年04月27日 上尾市民球場

桶川vs開智

2017年春季埼玉県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

桶川が逆転に成功!速球派・小向が好リリーフ



小向直樹(桶川)

 開智vs桶川の一戦は1点を争う試合となった。

 まず先制したのは桶川は。2回裏、5番小礒の適時二塁打でまず1点先制。だが、開智も4回表、一死一、三塁のチャンスから内野ゴロの間に同点に追いつくと、さらに6回表には、一死一塁から6番大佐古はライト越えの長打。一塁走者は一気に本塁を狙うが、アウト。大佐古が三塁を狙った際に桶川内野陣が乱れ、その間に打者走者が生還し、勝ち越す。

 だが桶川は7回裏に反撃。無死一塁から4番菊池がレフト線を破る適時二塁打で同点に追いつくと、一死二塁から6番大月が左中間を破る当たり。深々と破る当たりとなり、大月は俊足を飛ばして生還。なんとランニングホームランとなり、2点の勝ち越しに成功。スコアを4対2とした。

 投げては7回表から好リリーフを見せる小向 直樹が好投。昨年から活躍をしている速球派右腕。右スリークォーターから繰り出す速球は常時133キロ~138キロを計測。歩幅が狭く、そこから鋭く腕を振っていく個性的なフォームだが、力の入れ加減ができる投手で、コントロール自体も安定しており、さらに120キロ前後のスライダーの切れも良い。夏へ向けてさらに注目が集まる投手だろう。

 桶川は8回裏、無死一、三塁から2番齊藤のスクイズで1点、さらにバッテリーミスの間に1点を追加して、6対2と点差を広げ、2回戦進出を決めた。

 敗れた開智の主将・飯村 俊祐が存在感を示した。第1打席は球足が速い右前安打を記録。安打はこの安打のみだったが、凡退となっても鋭い打球を飛ばしており、何といっても足が非常に速い。この選手の一番のストロングポイントは守備。フットワークの軽快さ、捕球して送球に移行するまでのスピード、打球反応の良さ、スローイングの強さといい、高校生としてはハイレベル。埼玉県内でも、トップクラスのショートストップと推していい選手ではないだろうか。

 飯村は主将ということもあって、視野が広い。試合中、逐次、選手たちへ守備位置の指示をしたり、ポイントとなる場面で声かけを行ったり、投手に声をかけたりと、気配り、目配りができる選手。最後は、飯村が打席に回る前に終わったが、飯村はネクストサークルで、「俺に回せ!」と声をかける一幕もあった。

 身体能力、テクニック、ショートに求められる視野の広さと全てを兼ね備えたショートストップであり、気持ち的にも熱いメンタリティを持ったプレイヤー。ぜひ夏へ向けて覚えてほしい選手だ。

(取材・写真=河嶋 宗一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
埼玉のダークホース候補?守備を武器に上位進出を狙う、桶川(埼玉)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第25回 桶川(埼玉)「練習ハ不可能ヲ可能二ス」を胸に秘めて、埼玉で波乱を起こす!【冬が僕らを強くする2020】
松山、桶川が勝利!地区予選2試合を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
桶川vs本庄【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県地区予選】
第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
栄北vs桶川西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
叡明vs桶川西【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第1回 明日7月8日は全国各地で高校野球が開幕!注目の開幕戦をピックアップ【夏の大会特集2017】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第11回 開智高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2017】
大宮東vs桶川【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
桶川vs滑川総合【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
桶川 【高校別データ】
開智 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

開智初戦突破だ。開智大好き人 2017.04.21
北部地区代表の桶川高校に勝利して、初戦を突破して下さい。

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る