2017年04月16日 春日部市牛島野球場

白岡vs栄北

2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選 東部地区予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤、一気の攻勢を生かした白岡が県大会進出



根岸 健弥(白岡)

 昨夏の経験者を多く残す白岡栄北との一戦、共に2年生が多い若いチーム同士の対戦となったが、試合は一つのエラーの怖さを実感する展開となった。

 先発は白岡がエースの根岸 健弥(3年)、一方の栄北も主戦の2年生左腕・高木が先発し試合が始まる。

 白岡・根岸の力感の無いフォームから繰り出される直球は、目測でMAX130キロ前半ほどだが、回転数が多く球質は良い。その直球を中心とし、時折スライダーを交えながらコーナーにきっちりと決める好投手だ。一方の高木も目測でMAX130キロ前半ほどのオーソドックスな左腕であるが、この日は序盤から変化球が多かった。その高木に対し、

 「相手がインコースを突いてくる投手だったので、前半は半歩下がって打ちに行こうと」(白岡・鳥居監督)
という白岡がゲーム序盤にペースを掴む。

 白岡は初回二死後、3番・田口 駿輔(3年)がエラーで出塁し、続く森 啓介(2年)が四球を選び二死一、二塁とチャンスを広げ、5番・小倉がレフト線へタイムリー二塁打を放ちまず1点、さらに、続く阿部 竜也(2年)もセンター前へ2点タイムリーを放つなど、白岡が初回から一挙3点を先制することに成功する。

 これで流れを掴んだ白岡は、2回表も相手のミスに乗じながら追加点を加えていく。この回先頭の星がショートへの内野安打で出塁すると、続く根岸がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、2番・桂田が四球を選ぶとすぐさま二盗を決め二死二、三塁とすると、続く田口の打球がエラーを誘い、白岡が1点を追加。さらに1点を加え、5対0と試合を優位に進める。

【次のページ】 白岡vs栄北(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
敗北がチームを強くした!浦和学院撃破の白岡が躍進を遂げるまで 【ニュース - コラム】
第592回 強豪私学の前に敗れて気づいた凡事徹底の大切さ 白岡(埼玉)【前編】【野球部訪問】
浦和学院撃破!春先の注目校・白岡の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第82回 白岡(埼玉)「強豪私学を倒すための力を付ける冬」【冬が僕らを強くする2019】
第74回 栄北(埼玉) 「妥協を許さないチームを目指して、初の甲子園を狙う」【冬が僕らを強くする2019】
栄北vs川越西【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
第788回 埼玉大会が開幕!浦和学院、花咲徳栄ともに序盤から強敵と対決!【大会展望・総括コラム】
本庄東vs栄北【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
栄北vs大宮東【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs栄北【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
栄北vs早大本庄【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
栄北 【高校別データ】
白岡 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る