2017年04月13日 川越市営初雁公園野球場

埼玉平成vs飯能

2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選 西部地区予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2本塁打を放つなど、打線爆発の埼玉平成が5回コールド発進!



本塁打を放った時田(埼玉平成)

 この試合、埼玉平成打線が爆発した。初回、飯能の先発・山本が制球に苦しむ中、3つの四死球で無死満塁とし、バッテリーミスや5番菅原 謙伸の犠飛などで3点を先制。試合の主導権を握った。

 続く2回には、打線がつながりを見せる。先頭の7番田中が両チームを通じて初となる左前安打を放ち、出塁。二死後、迎えるは1番時田。見事にとらえた打球は、弾丸ライナーで左翼席に突き刺さった。その後も、3番鈴木、4番田村の連続タイムリーが飛び出し、この回4得点。差を7点に広げた。

 3回に入っても、埼玉平成打線は止まらない。前の打席で本塁打を放った1番時田の適時打や、バッテリーミスなどで得点を重ね、3番鈴木。高い放物線を描いた打球は、左中間スタンドへ消えていった。球場にどよめきが起こるほどの素晴らしい打球であった。その後も加点し、一挙7得点。勝負を決定づけた。

 粘りを見せたい飯能は、4回。2つの四球でチャンスを作り、5番近藤が左越え適時二塁打を放ち、1点を返した。しかし、後続が続かず反撃もここまで。2本の本塁打など、攻撃力の高さを見せつけた埼玉平成が5回コールドで勝利した。

 長打を打てる選手が多く並ぶ、埼玉平成。力があるだけに、この後の勝ち上がりも十分に期待ができる。

 敗れた飯能は、投手陣が打ち込まれてしまった。しかしながら、4回に挙げた得点は次につながる1点となったはずだ。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は? 【ニュース - 高校野球関連】
市立川越vs埼玉平成【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
浦和学院、昌平などが県大会進出決定!5試合を徹底レポート!【春季埼玉県大会 地区予選】 【ニュース - 高校野球関連】
川口vs埼玉平成【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
第723回 優勝するのはどこなのか?実力が拮抗してい南埼玉の大会展望を分析!【大会展望・総括コラム】
埼玉平成vs川越南【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
上尾vs埼玉平成【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
聖望学園vs飯能南【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第72回 埼玉平成高等学校 (埼玉)【僕らの熱い夏2016】
第298回 【春季埼玉県大会】初戦から好カード続出!今大会おススメのカードとは?【大会展望・総括コラム】
埼玉平成 【高校別データ】
飯能 【高校別データ】
埼玉県春季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る