2015年10月04日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs花咲徳栄

2015年秋の大会 埼玉県大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スーパーシードに対する温度差

先制打を放った諏訪 賢吉(浦和学院)

 例年秋の決勝といえば、両チーム共に関東出場を決め、何位で関東大会へ臨むのかを決めるいわゆる順位決めの色合いが強い。そこには当然各チームの事情が反映されるのでガチンコの対決にはなりにくい。だが、今年の決勝はいつもの決勝と違う。地元埼玉で関東大会が行われる今年、埼玉の1位校は、初戦シードでベスト8から登場する。つまり、1勝すればセンバツ出場濃厚となる関東ベスト4の位置へ行ける。いわゆるスーパーシードで関東大会を迎えられる。それだけにガチンコの対決が見られるかと思われたが、そういう試合展開にはならなかった。何よりこの試合両チームに明らかな温度差が存在した。

 浦和学院はエース榊原 翼ではなく川越東戦(試合レポート)で好投した辻 二郎花咲徳栄も疲労を考慮してエース高橋 昂也ではなく1年生清水が先発し試合が始まる。

 この試合、浦和学院はこの試合どの投手が来ても良いように、何と6番に偵察メンバーを入れる。先発が右腕の清水ということもあり、初回に左打者小澤 和也を入れる。

 そして浦和学院が初回から花咲徳栄・清水に襲い掛かる。

 先頭の家盛が四球で出塁すると、続く杉山の所でベンチはエンドランを仕掛ける。これが見事にライト前ヒットとなり無死一、三塁とすると、3番・諏訪 賢吉がライト前タイムリーを放ち1点を先制する。続く前田がきっちりと送り一死二、三塁とするが後続が倒れ1点で初回の攻撃を終了する。

 一方の花咲徳栄も3回表反撃を開始する。一死後、9番・野本 真康が四球で出塁すると、続く千丸がライト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。二死後3番・岡﨑 大輔の強い当たりはファーストゴロとなるが、ファースト前田がこれをはじき(記録は強襲ヒット)すぐに同点とする。

 だが、浦和学院は3回裏、この回先頭の杉山が死球を選び出塁すると、続く諏訪の所でまたしてもエンドランを仕掛ける。この打球が右中間へのタイムリー二塁打となり1点を追加すると本塁送球が悪送球となる間に諏訪が三塁を陥れる。さらに一死後、5番・幸喜 勇諮の所でベンチはスクイズのサインを出す。これが見事に決まり3対1とする。

 これで完全に流れを掴んだ浦和学院は、4回、山本の二塁打を足がかりに家盛の犠飛で1点を追加すると、5回にも幸喜、小澤の所で三度エンドランを決め一、三塁とすると、梶山 尚暉が犠飛を放ち5対1とする。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!埼玉県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

【次のページ】 浦和学院vs花咲徳栄(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦和実は浦和学院と同ブロック!今年の埼玉は大混戦か!? 【ニュース - コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が振り返る「一流選手の習慣」と「U-15日本代表選手の将来性」vol.3 【ニュース - インタビュー】
第984回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第983回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第982回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs銚子商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第956回 日本一の1番打者へ!笹川晃平(東京ガス)「チームあっての自分。今年こそ日本一を狙いたい」 【2019年インタビュー】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第95回 浦和学院(埼玉)編「好投手を輩出し続ける投手王国・浦和学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
東農大三vs花咲徳栄【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
叡明vs浦和学院【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第837回 野村佑希も認めるクラッチヒッター・井上朋也(花咲徳栄)3年間で師匠を超える! 【2018年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
埼玉県秋季高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院浦和学院おめでとう高校野球ばか 2015.10.04
今年は春夏連続出場出来るよう頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る