2014年07月10日 川越市営初雁公園野球場

城西大川越vs川越初雁

2014年夏の大会 第96回選手権埼玉大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2年連続大会第1号放った城西大川越が、その勢いで快勝

 大型台風の接近が天気予報で報じられているが、青空ものぞく天気だった。しかし、怪しい風が吹いており、外野後方の木々も大きく揺れていた。そんな中での川越対決となった。

 城西大川越は阿部尚武校長先生の粋な配慮で、「今日の授業は4時間遅れで開始するから、初雁球場へ行きたい人は野球部の応援に行きましょう」ということになった。そんなこともあって、中学部も合わせて600人もの生徒が応援に詰め掛けて、一塁側のスタンドはぎっしりと埋まった。

 そんな応援打線の大声援にも押されて、城西大川越は序盤から猛攻を見せつけて主導権を奪った。

 初回に死球の走者を進められ、内野ゴロの間に1点を失った城西大川越だったが、その裏1死後に同じように死球を得ると鈴木貴君、小島君の連続安打で満塁とし、5番渕上君が左中間二塁打を放ってたちまち逆転した。ここで、川越初雁の岡本敏明監督は早くも先発の小澤君を諦めて、背番号5ながら投手としての期待も高い右サイドの横田君を投入した。
その横田君に対しても、城西大川越打線は明瀬(みょうせ)君の犠飛で追加点を挙げなおも2死三塁。

 ここで、7番小川君が左翼スタンドへ飛び込む2ランを放った。昨日から始まった埼玉大会だが、これが大会第1号となった。実は、城西大川越は昨年の大会でも、大会に2日目の川越初雁球場の第1試合という同じシチュエーションで大会第1号を放っている。つまり、2年連続で大会第1号を記録した学校ということになった。この大会第1号2ランで、試合は城西大川越ペースとなった。
これには塩澤力監も長打力のある4番、5番ではなく、7番の小川が打ったことに驚きと嬉しさは隠せない様子だった。

【次のページ】 城西大川越vs川越初雁(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄、浦和学院の初戦は?秋の埼玉の組み合わせが決まる【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川越初雁vs久喜北陽【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
磨け、人間性!川越初雁が目指すこの夏の目標とは? 【ニュース - コラム】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
春日部共栄vs川越初雁【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
川越初雁vs川越工【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
越ヶ谷vs川越初雁【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県地区予選】
春日部共栄vs城西大川越【2017年 練習試合(交流試合)・春】
川越初雁 【高校別データ】
城西大川越 【高校別データ】
第96回埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

城西大川越全国を勝ち取れなかじ 2014.07.10
頑張れp(^_^)q
応援してるぜ✨

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る