2012年03月28日 佐賀県立森林公園野球場(みどりの森県営球場)

三養基vs神埼清明

2012年春の大会 第130回九州地区高校野球佐賀大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

試合シーン

三養基、投打がかみ合いベスト8進出

 打線好調の三養基が、神埼清明が繰り出す3投手から12安打を放ち10得点を挙げて圧倒した。

初回、三養基は1死1•3塁から4番松原(3年)の左前安打で先制すると、なおも満塁のチャンスから、6番高柳将平(3年)の犠飛。7番川口力也(3年)の左前適時安打など5安打を集中させる猛攻で主導権を握った。
その後も、攻撃の手を緩めず3回に2点、4回に1点を加える。9回には神埼清明の守備の乱れを突き3安打で4点を奪い試合を決めた。

投げても三養基先発左腕•濱口 遥大(3年)が、最速138キロを記録した力のあるストレートを武器に被安打2、5連続を含む8三振を奪う好投をみせ、5回コールドで神埼清明を完封。

12安打中長打は2本。しっかりとボールを見極めコンパクトに振り抜き単打を積み重ねた。5犠打をからませる攻撃で効率よく10得点を挙げた。「いつも立ち上がりが悪い濱口が初回を、無難に乗り切ってリズムをつくったことがうまく攻撃につながった。各打者ともしっかりスイングできていた。冬場のトレーニングの成果」と試合後、投打がかみあった勝利に、笑みを浮かべ答えた藤田敏郎監督。

次戦、ベスト4がかかった準々決勝、三養基としては創部以来初となる九州大会出場をかけて伊万里農林と対戦する。
伊万里農林はいい投手がいるので、厳しい試合になると思うが、濱口が力まず投げてリズムをつくってくれれば、勝機はある。三養基としては初のチャンス。是非狙っていきたい」と藤田敏郎監督は次戦への意気込みを語った。

(文=藤吉 ミチオ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佐賀の公立校は熱い!私学が公立校を追う形で優勝を狙う!! 【ニュース - コラム】
第939回 佐賀商、佐賀学園が筆頭校!私学公立を引っ張る対抗馬はどこか!?【大会展望・総括コラム】
「消費から投資」を掲げ、甲子園を目指す伝統校・神埼清明(佐賀)の取り組み! 【ニュース - コラム】
第26回 神埼清明(佐賀)「『絶対無敗』を夏のテーマに2枚看板でこの夏を勝ち上がる!」【僕らの熱い夏2019】
第4回 鹿児島地区記者・政 純一郎氏が選ぶ今年のベストゲームTOP5【各地区のドットコム記者が選ぶベストゲーム】
大島vs神埼清明【2015年秋の大会 第137回(平成27年度秋季)九州地区高等学校野球大会】
第8回 侍ジャパン大学代表から見る投手と野手の成長度の違い【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
三養基vs佐賀東【佐賀県 2012年夏の大会 第94回選手権佐賀大会】
伊万里農林vs三養基【佐賀県 2012年春の大会 第130回九州地区高校野球佐賀大会】
神埼清明vs多久【佐賀県 2012年春の大会 第130回九州地区高校野球佐賀大会】
神埼清明vs鳥栖工【佐賀県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球佐賀大会】
神埼清明 【高校別データ】
三養基 【高校別データ】
春季佐賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

佐賀県地域応援スポンサー

佐賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る