佐賀学園1年生4番の活躍でサヨナラ勝ち

佐賀学園は1-2と1点ビハインドで迎えた9回。一死一、三塁から1年生4番原口大陸のセンター前ヒットで同点。5番上瀧の死球で満塁とすると、六番力久が初球にスクイズを決めサヨナラで鹿島実を下しベスト4進出を決めた。 投げては先発山口将太が初回に鹿島実四番坂口に右中間を破られるツーベースを打たれ先制を許すものの、その後は「今大会一番調子が良かった」という投球で鹿島実打線を2失点に抑え完投。 一方、鹿島実は初回、六回と佐賀学園山口を攻め終始リードする展開だったが、エース中尾が土壇場で追いつかれ踏ん張ることができなかった。

(文=藤吉 ミチオ)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。