高校野球ドットコム

卒業生
北方 悠誠

北方 悠誠(唐津商)

都道府県:
高校:
学年:
2012 年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178 cm
体重:
73 kg
データ最終更新日:2013年1月24日

寸評

今年の高校生は素材の良い投手が多かった。その中でも一番の馬力があるのは唐津商業の北方 悠誠だろう。今の一流投手といえば、投球も考えているし、フォームの完成度も高い。いわゆる型に拘っている投手が多いが、北方にはそんなのは関係がない。後半ばてそうになって捉えられる危険性もありながらも、出し惜しみせず150キロのストレートと、140キロ台の高速スライダーを投げ込む姿は武骨だけど、実に良い。若い投手はそれぐらい出し惜しみせず投げる時期はあってもいいと思う。彼がどういう立ち位置で投げるのかは想像がつかないが、プロで活躍する可能性は秘めている。

(投球スタイル)
ストレート マックス152キロ
常時145キロ~150キロ
スライダー 120キロ前後
縦のスライダー 135キロ前後
カットボール  140キロ前後
ストレートは常時140キロ台後半を投げ続けることができる馬力の大きさは今年の高校生でもトップクラス。甲子園では頻繁に150キロを計時しているので、ずいぶん甘いスピードガンと思っていたが、AAA選手権で2試合見た時はやはり素晴らしいストレートを投げ込んでいるのが理解できた。釜田は甲子園で150キロ台を計測していたが、AAA選手権で140キロ台。実際に見て、北方の馬力の凄さを実感させることができた。

コントロールが抜けることが多く、制球力はアバウト。いつもフルカウントにさせられ、ひやひやとさせられることが多いが、力みが抜けるとストライク先行で追い込んでテンポの良い投球を見せている。

変化球は小さく曲がるスライダーはベース上で鋭く曲がるもので、非常に良い球種。縦に大きく落ちるスライダーはフォークのように落ちる代物であり、判別しづらく、良い球種である。140キロ超えするカットボールは内外角へ投げ分けることができている。スライダーの精度はプロでも通用するレベルにあり、あとはストレートのコントロールを磨き、カーブ、チェンジアップといった緩急を付けられる投手になっていくといいだろう。

プロの打者にも通用する馬力を高校生の時点で感じさせてくれた。後はそれを活かす術を身につけるよう努力するだけだ。しかしその道はかなり険しい。

(クイックタイム)

クイックは1.1秒前後と実に素早いクイックで投げることが出来ている。自分の間合いで投げることが出来ている。フィールディングの動き自体も良く、牽制もしっかり入れるので、剛級投手でありながらも投手としての基本技術はしっかりと鍛えられている。

(打者への攻め)
この投手は立ち上がりが悪い。将来的には中継ぎタイプと評されることもあるが、彼のタイプを考えたら妥当な評価であると思うが、彼はエンジンがかかるのが遅く、AAA選手権では中継ぎとして登板したが、ブルペンで50球~60球ぐらい投げないとコントロールが定まらない。それぐらい体の力みが抜けるのが遅い投手である。ただ先発と中継ぎの調整法はまるっきり違うものだから、彼もプロの生活を通して調整法を覚えていくと良い中継ぎに成る可能性はあるだろう。

ストレートが右打者、左打者ともに外角中心にストレート、スライダー、フォークを投げ分けていく配球。序盤はストレートが高めに浮き、速球が速いけど、コントロールに難があるタイプかと思ったが、ストライク先行の投球スタイルでテンポよく追いこんでいき、フォークで空振り三振を決めており、なんといっても140キロ台の高速スライダーを右打者の外角、左打者の内外角に決められる制球力は素晴らしい。

(投球フォーム)
 セットポジションから指導する。左足を真っすぐ上げていき、軸足は真っすぐ立ち、膝にしっかりと体重を乗せている。左足を三塁方向へ足を下していく。お尻から先行して落ちるわけではないので、カーブ系の修得は難しいフォーム。左腕のグラブを真っすぐ伸ばして正対させていき、左胸に抱え込んでいく。開きは早く、出所は見易くなっている。打者との間をあまり考えずに我武者羅に投げるスタイルなので、150キロ級の速球を投げ込んでもその速さを最大限に活かすことができない。打者にとって如何に打ち辛い投手になるためにはどう工夫をしていくかが問われるのではないだろうか。

テークバックはコンパクトに取っていき、リリースに入る。肘を使い前で離す意識が見られるが、肘、腕の振りに柔軟性を感じず、キレのあるストレートを投げる腕の振りではない。

腕の振りの速さと地肩の強さを活かして140キロ後半を投げ込む投手なのだろう。最後のフィニッシュではしっかりと振り切り、膝の突っ張りが見られる。やや上体の強さが目立つが、反動が大きい動きをしているわけではない。コントロールを乱しやすいのは上半身の力みによるリリースポイントのずれだろう。肘の使い方は悪くないので、上半身が力まず、徐々に推進していき、しっかりと腕を振り抜くことが出来ればコントロールは安定するのではないだろうか。

将来の可能性

 相当な荒削りな投手である。ただ常時140キロ台後半を計測する馬力の凄さ、予選3試合連続で完投をした強靭なスタミナ、140キロ台を超えるカットボール、縦のスライダー。いずれもプロでは大きなアドバンテージとなる武器は揃えることができている。投手として基本技術も高く、未完成ながら押さえるところはしっかりと押さえている投手だ。

個人的には中位指名という評価。プロで通用するには今の球速、変化球を活かす為にどうすれば打ち難い投手になれるかを追究する探究心と結果を残せといわれてぱっと力を残すことが出来る調整力が必要であろう。

 今の時代、省エネ投球をする投手がたくさん多い。それは彼らのスタイルだから結構だが、こういう自分の自信ある球を出し惜しみせずに全力で投げる投手がいてもいい。武骨な投球スタイルだが、逆にそれが彼の魅力だ。ぜひプロの舞台では人並み外れた速球と切れ味鋭いスライダーでプロの打者をねじ伏せる投球を期待したい。

情報提供・文:2011.10.23  河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連選手

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事