2013年07月02日 仙台市民球場

東北vs仙台育英

2013年 練習試合(交流試合) 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

仙台育英と東北の「送別試合」

仙台育英東北。春夏の甲子園出場回数は両校合わせて73回。宮城では幾度となく覇権を争ってきたライバルだ。それ故、部員数も多い。今年は仙台育英が114人で、東北は90人だ。

近年、最後の夏にベンチ入りを果たせなかった3年生が、他校の3年生や同じチームの1・2年生と試合をすることがメジャーとなってきたが、両校は昨年から、最後の夏にベンチを外れた3年生の「送別試合」を行っている。

今年も、両校合わせて40人以上いる背番号のない3年生が主役のゲームが開催された。

夏の大会でベンチ入りする3年生と、1・2年生、父母の公式戦さながらの応援を受け、仙台育英・佐々木順一朗監督、東北・五十嵐征彦監督による始球式でプレーボール。

東北が初回に犠牲フライで先制。仙台育英は4回にタイムリーヒットで同点に追いつくと、6回に内野ゴロの間とタイムリーヒットで逆転に成功した。しかし、7回にタイムリーヒット2本などで東北が試合をひっくり返し、8回にも1点を加え、5対3で東北が勝利した。

泣きじゃくる仙台育英の選手たちにつられるように、東北の選手たちの目にも涙が光り、試合後には両校の選手同士で健闘を称え合い、友情の輪が広がった。

(文=高橋 昌江

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社の優勝で幕を閉じた第101回選手権大会を様々な切り口から振り返る 【ニュース - コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
この夏光った9人!高校野球ドットコムが選ぶベストナインを発表! 【ニュース - コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
仙台育英vs鳴門【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs飯山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs東日本国際大昌平【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
仙台育英 【高校別データ】
東北 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る