序盤の大量点

 1回表、関西打線が岩国の先発・東 史弥(1年)に襲いかかる。
二死から3番児山 祐斗(2年)が一、二塁間を破るヒットで出塁すると、4番土井 慎二(1年)もレフト前ヒットで続く。5番海野 裕介(1年)が四球で歩き満塁となり、6番で主将の戸部大二(2年)が右中間を破る走者一掃のタイムリー三塁打。ゲームの主導権を握った。

2回にも相手のミスに乗じるなどで3点を追加すると、二死一、二塁で回ってきた戸部が再びタイムリー。7対0となって大量リードの展開になった。戸部は4回の第3打席でも犠牲フライを放ち、この日5打点と大活躍。

投げてはエースの児山が、岩国打線を4回の1失点のみに抑える安定したピッチング。
7回にも1番逢澤 崚介と2番小郷 裕哉(ともに1年)の連続タイムリーで差を10点に広げた関西が、コールドゲームで決勝へ駒を進めた。

(文=編集部)