エースで4番・下石涼太の活躍

広陵下石 涼太(2年)、岩国商高橋 由弥(2年)の両エースが先発して始まった準決勝第1試合。立ち上がりから両投手のピッチングで、ゼロ行進が続く。

前半のゲームを支配していたのは岩国商。2回から4回までは二死ながら、走者を三塁まで進めていた。再三の好機を、下石のピッチングの前に阻まれる。
一方で、岩国商の高橋は3回までパーフェクト。4回、3番の太田 創(2年)に初めてのヒットとなる二塁打を浴びるが、4番下石を歩かせた後に、5番永谷竜大(2年)をファーストゴロに打ち取ってピンチを凌いだ。

ゲームは0対0で5回を折り返す。

6回表、岩国商は3番高橋からクリーンアップの攻撃だったが三者凡退。ゲームを支配しながら、得点を取りきれなかったことで、流れが少しずつ変わり始めていた。

その裏、ついにゲームが動く。
広陵は二死走者なしから、5番永谷がライトオーバーの三塁打を放つ。続く6番川瀬小次郎(2年)が、2ストライクからの三球目を打ち、ショートへの内野安打。三塁走者の永谷が先制のホームを踏んだ。

追い上げたい岩国商に対して、調子を取り戻した広陵・下石が立ちはだかる。7回と8回で計4個の三振を奪うなど、走者を与えない。

すると8回裏、二死走者なしで回ってきたエース4番・下石がライトスタンドへ一発を放り込んだ。
2対0となり勝負を決定づけた下石は、9回も2つの三振を奪い三者凡退。3安打13奪三振の完封で、広陵が決勝進出を果たした。

投げ負けた岩国商の高橋は被安打7。好投を見せたが、二死を取ってからの失点が悔やまれた。

(文=編集部)