2012年11月01日 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)

浦和学院vs花咲徳栄

2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季関東地区高校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

サヨナラ打の西川(浦和学院)

埼玉決戦は白熱の展開!関東王者は???

史上初の埼玉県勢同士の対決となった関東大会決勝。
花咲徳栄は今大会初登板の左腕・小栗 慎也(2年)、浦和学院は前日の準決勝(宇都宮商戦)でラストを締めた右の涌本 亮太(2年)が先発のマウンドに上がった。
両投手とも無難な立ち上がりで、序盤3回は0対0で終える。

4回表、花咲徳栄は、二死一、三塁とチャンスを作ると、8番小栗に打順が回った所で代打・高橋大喜(2年)を起用。だが浦和学院の涌本にセカンドゴロに打ち取られて、岩井隆監督が仕掛けた最初の一手は実らなかった。

その裏から花咲徳栄の二番手には右サイドハンドの中川裕和(2年)が上がる。この時点で、このゲームを投手総力戦で挑む意志を示した。
中川は、4回と5回の2イニングをノーヒットに抑えるナイスピッチングを見せ、指揮官の期待に応える。

6回表、先頭の4番若月 健矢(2年)が涌本の初球をセンター前へ運ぶ。5番古川澄也(1年)が送り、6番山本竜生(2年)はストレートの四球。二死となった後、8番中川の打順で代打起用された鈴木宏弥(2年)がライト前にヒットを放ち満塁。
この場面で9番森大希(2年)が、涌本のライトへ弾き返して二者が生還。ゲームの均衡がついに破れた。

6回裏から、前日の準決勝で完投した背番号10の小暮 樹(2年)がマウンドに上がった花咲徳栄浦和学院も7回表途中からエース左腕の小島 和哉(1年)が登板。両チームとも次の1点が非常に重要な意味を持つと捉えていた。

7回裏、浦和学院は先頭の5番木暮 騎士(2年)がレフトへ二塁打を放つ。6番斎藤 良介(2年)は三振に倒れるが、小暮の暴投で木暮は三塁へ進塁。
打席は7番西川 元気(2年)。フルカウントからの7球目、鋭い打球がピッチャー小暮に強襲。内野安打となって浦和学院が1点を返した。

何とか逃げ切りたい花咲徳栄の岩井監督は、8回からエースの関口 明大(2年)を投入。先頭の1番竹村 春樹(2年)から三振を取った。
2番贄 隼斗(2年)の打順で、浦和学院の森士監督は代打に佐藤 慶太(2年)を起用。両指揮官が、蓄えてきた勝負の手を繰り出す

打席に立った佐藤は、関口の初球を捕えて、レフト前へヒットを放った。
続く3番山根 佑太(2年)の打席で、マウンドの関口が暴投。山根がショートゴロに倒れて二死三塁と場面が変わる。粘りたい関口に対し、クリーンアップで追いつきたい浦和学院。両者の攻防が白熱する中、意外な形でゲームが進行することになる。

4番髙田涼太(2年)、5番木暮が連続で死球。二死満塁となった。
最後のアウトがどうしても取れない関口に対し、6番斎藤の打順で代打・渡邊 剛(2年)を起用した森監督。準々決勝(前橋育英戦)で逆転打を放った、とっておきの打者で勝負に出た。

1ボール1ストライクからの3球目。関口の投じた球が渡邊の体に当たった。両チームにとって予想もしてなかった3連続死球。同点となり、ゲームは振り出しに戻った。再び二死満塁で7番西川が打席に入るが、ここはライトフライで関口に軍配が上がった。

9回は両チーム無得点に終わり、延長戦に突入する。
10回表、6番山本竜から始まる攻撃が三者凡退。浦和学院の小島は、マウンドに上がった7回途中からノーヒットピッチング。延長戦で最初の流れを作ることに成功した。

その裏、先頭の3番山根と4番髙田を打ち取られ二死となったが、5番木暮がレフトへ二塁打を放った。
セットポジションに課題がある関口から走者を出すことができた浦和学院。6番に入った渡邊が歩き一、二塁。続く7番西川の打席で2球目が暴投となり、走者はそれぞれ進塁。

そして3球目。前の打席でチャンスを生かせずに悔しい思いをした西川はバットを振り切る。放たれた打球が、レフトへと抜けた。三塁走者の木暮が生還し、サヨナラゲーム。

相手エースを打った浦和学院が、関東大会で初めての三連覇を達成。投手総力戦で臨んだ花咲徳栄は、目標に掲げていた関東制覇を、最大のライバルの前に阻まれた。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
東海大相模vs近江や明石商vs花咲徳栄など激戦が続いた2回戦16試合のダイジェスト! 【ニュース - コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
東海大相模、明石商が初戦突破!好カードを制す!【第101回選手権大会トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
明石商vs花咲徳栄【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第955回 東海大相模vs近江、明石商vs花咲徳栄と豪華カード続出の大会6日目4試合の見所!!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第5回 花咲徳栄高等学校(埼玉)【5年連続7回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
花咲徳栄vs春日部共栄【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
花咲徳栄vs所沢商【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第1003回 これが9番!?ネガティブを成長に変えた岩手育ちの「大型捕手」 菅原謙伸(花咲徳栄) 【2019年インタビュー】
第1002回 たった1球の甘い球を見逃さないスラッガーへ 井上朋也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院是非埼玉っ子 2012.10.31
埼玉大会決勝ふたたびな組み合わせですね!
好ゲームを期待しています。
徳栄の打撃に負けないよう頑張ってください!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る