2012年10月29日 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)

花咲徳栄vs横浜隼人

2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季関東地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

花咲徳栄・先制本塁打の若月健矢

全体とパーツで違うゲームの捉え方

1回表、花咲徳栄は二死から3番楠本 泰史(2年)がライトーバーへの三塁打で出塁すると、4番若月 健矢(2年)がフルカウントからのスライダーに泳ぎながらもレフトスタンドへ2ラン。横浜隼人先発の橋本 龍太(1年)から幸先良く先取点を奪った。
続く2回にも死球の走者を足がかりに、9番多田友哉(1年)のスクイズ(記録は内野安打)で3点目。さらに暴投や3番楠本の2点タイムリーで6対0。
先発の関口 明大(2年)は序盤の3回をパーフェクトに抑え、『コールドゲームになるのでは?』という雰囲気の展開になった。

ところが、4回表に花咲徳栄が初めて三者凡退に終わると、空気はガラッと入れ替わった。
「よっしゃー、三人できったぞ!」と勢いづく横浜隼人ベンチ。その裏、二死から2つの四球と内野安打で満塁とすると、6番伊藤達也(2年)がレフトへ2点タイムリーを放つ。最初に訪れたチャンスをしっかり得点に結びつけた横浜隼人

2回途中から三番手でマウンドに上がる横田 将太郎(2年)が、幾度もあったピンチを凌ぐ。スコアボードの得点を見なければ、どちらがリードしているかわからない感覚になるほどだった。

7回途中からエースナンバーをつけた内藤勇人(2年)をマウンドに送った横浜隼人の水谷哲也監督。だが、8回に一死一、三塁から5番関口にタイムリーを浴びて1点を失い、差は5点に広がった。

【次のページ】 花咲徳栄vs横浜隼人(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
選抜出場校の中学日本代表在籍数は? 大阪桐蔭や東海大相模など人気の背景も考察 【ニュース - 中学野球関連】
東海大相模、花咲徳栄が存在感 センバツ出場校出身の現役NPBプレーヤーは?【関東・東京編】 【ニュース - 高校野球関連】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1039回 目的意識を持った打撃練習が生んだマルチヒット 安打製造機・韮澤雄也(花咲徳栄)が意識すること 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
花咲徳栄 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
秋季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る