榎本和輝(京都翔英)

追いつかれてからが勝負

「勝ちたい」「負けたくない」
京都翔英・太田弘昭監督からは口癖のように、この言葉が出てくる。

その京都翔英が大阪1位・履正社との死闘を制して、初めての近畿大会出場で2勝を挙げた。

試合は京都翔英の先発・榎本 和輝(2年)と履正社の先発・東野 龍二(2年)による投手戦。
チェンジアップを散らす榎本の好投に履正社打線が翻弄され、東野の走者を背負ってからの粘り強いピッチングに両者、糸口をつかめなかった。

5回表に、京都翔英がワイルドピッチで1点を先制しても、投手戦の様相は変わらなかった。

太田監督は言う。
「1点をリードしていましたが、どこかで取られるとは思っていました。重要なのは、そこから粘れるかどうかだった」

8回裏、履正社が反撃に出る。
二死から1番の長谷川 成哉(2年)がレフト線を破る二塁打で出塁すると、続く2番・吉田 有輝(1年)がセンター前に落とすタイムリーを放ったのである。

実は、この場面。
京都翔英の守備陣によるミスだった。

履正社の三塁ベースコーチ・黒岩大地(2年)は、「外野の守備位置が深いというわけではないんですけど、この打者がヒットが打てば同点という場面の割には、後ろの方にいるなとは思いました」と話す。

タイムリーを放った吉田は、ホームランを打つようなバッターではない。
ボールにしがみつき、守備の間にヒットを転がすようなタイプだ。実際、第2打席に吉田は、センターの前に落ちるヒットを放っている。試合展開を考えれば、勝負をしていい場面だった。

しかし、京都翔英の守備網はそれをしなかった。

指揮官の「追いつかれてからが勝負」というのがあったからだ。
事実、同点に追い付かれても、京都翔英が慌てることはなかった。