先制タイムリーを放った笠松(大阪桐蔭)

先攻を狙え

こういっては怒られるかもしれないが、試合前に勝負は決していた。

光泉・阪本哲平監督は話す。
「じゃんけんに勝ったら先攻を取れと言っていたのですが、じゃんけんに負けて取られてしまった」。

たかだか、先攻・後攻くらいで試合が決まるはずはない。
だが、この日の両者にとっては、先攻を取るかどうかは、かなり大きなウェイトを占めていた。

滋賀県大会のほとんどの試合で先攻を取ってきた光泉は、この日も、先攻を取るつもりだったが、じゃんけんに負け、気持ちの面で後手に回ってしまったのだ。
「いつも、先制点を獲ってくれて、楽な展開で投げさせてもらってきた。それでも、丁寧に投げようとはしたんですけど……」と先発したエースの原田敦也(2年)が悔しがれば、主将の原田暁も「後攻になっても、意識せんとこと話はしていたんですけど、気持ちで引いてしまった。試合の入り方を失敗した」と振り返った。。

試合は1回表、大阪桐蔭が1番の辻田 大樹(2年)峯本 匠(1年)の連打で無死・一、三塁と好機をつかむ。3番・森 友哉(2年)レフトフライのあと、4番・近田拓矢(2年)のところで盗塁を決め、一死・二、三塁と攻め立てた。

ただ、それでも光泉は落ち着こうとしていた。

そして、4番・近田を三振に切って取る。

窮地を乗り切るかに思えた。
しかし、大阪桐蔭は引き下がらなかった。

5番・笠松 悠哉(2年)が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち、二者が生還した。
さらに、嵩(かさ)にかかって攻めてくる大阪桐蔭に、光泉は防戦一方になった。

続く6番・水谷 友生也(2年)がレフト線へヒットを放つと、光泉守備陣の位置が深いの見抜いて一塁走者の笠松が三塁を狙う。送球間に打者走者の水谷も二塁へと達した。
7番・田村 斗紀(2年)が四球のあと、8番・森 晋之介(1年)がタイムリーを放ち2点を追加。9番・葛川 知哉(2年)のところで、一塁走者が飛び出したところを、光泉の捕手・原田曉(2年)は一塁へ転送。三塁走者飛び出したのを、ファーストの松田巧平(2年)刺そうとしたが、これが悪送球。さらに1点を失った。

 大阪桐蔭を相手にいきなりの5失点。
「近畿大会は引いていったらアカン。攻めていかないと」と思っていたもくろみは崩れ、全ての面で後手回ってしまったのだ。
「先制を取られた場面でも、慎重に行こうというのが出て、ストライクを取りに行ってしまっていた。気持ちで引いてしまったのが敗因」と阪本監督は唇をかんだ。

最終スコアは9対2の7回コールドゲーム。
大阪桐蔭の圧勝で試合は決してしまった。