2012年10月15日 三條機械スタジアム

上田西vs星稜

2012年秋の大会 第127回(平成24年度秋季)北信越地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

上田西 スタンドに向かってガッツポーズ!

全員野球で掴み取った北信越ベスト4

9回裏4対3、場面は二死二、三塁。守る上田西にとっては修羅場だった。
打席は星稜の1番丸山 雅史(2年)。この日は3度四球で出塁し、内野安打も1本放っている。マスクを被る主将の大塚 雅也(2年)は、マウンドの柳澤 和希(2年)に声をかけた。

「打たれたら仕方がない。逃げずに思い切って腕を振ってこい」という気持ちでしたと大塚。

2ボール1ストライクからの4球目。思い切って腕を振って投げた柳澤の球を、丸山が打ち返した。打球はセンターへの痛烈なライナー。これをセンターの宮澤 義也(2年)が見事にキャッチ。その瞬間、大きな雄叫びをあげた柳澤は、大塚と抱き合った。

「選手は本当によくがんばった」と讃えた原公彦監督。8月の新チーム結成時から一つの目標としてきた北信越ベスト4を果たした選手は、3日連戦の疲れも忘れて、最高の笑顔でスタンドに挨拶した。

引き分け再試合があり、3日連続での試合となった上田西
モチベーションは高く持続できていたが、疲労感はさすがに否めない。特に、全てのゲームで先発したエースの浦野 峻汰(2年)は限界に近かった。

立ち上がりにストライクを取るのに苦しみ、二者連続で四球を与えてしまう。犠打で二、三塁と進められ、星稜の4番鹿屋 陸(2年)の犠牲フライで1点を失った。
ただ、5番谷下恵介(2年)を打ち取って最少失点で切り抜けた浦野。失点こそしたが、犠打と犠牲フライでアウトを確実に増やしたことが、最少失点に繋がる要因になった。
そして、このアウトを増やすということが、9回の修羅場にも繋がることになる。

星稜の先発・室木 大(2年)の前に、1回、2回と抑えられていた打線。3回、一死から9番外谷 健人(2年)が四球で出塁する。執拗に警戒をする星稜守備陣。そう、次の1番打者・武田 竜樹(2年)の存在が、前後の打者にも影響を与えていた。

一死一塁で打席に立った武田は、ピッチャーの前にバント。難なく処理した室木だったが、武田の俊足が勝ち、一塁がセーフになった。
一、二塁となって2番荒井 圭佑(2年)がセンター前にタイムリーを放ち、上田西は同点に追いついた。

さらに3番小崎 脩造(2年)がレフト前に弾き返し、二塁走者の武田が生還し逆転。5番宮澤の犠牲フライでこのイニング3点を挙げ、ゲームをひっくり返した。

だが、「気が抜けなかった」と大塚が話す星稜の打線。その裏、4番鹿屋のタイムリーですぐに1点を返した。このイニングの途中で、上田西のマウンドは先発の浦野から、同じ左腕の花里佑亮(2年)に代わっている。
「本来ならば浦野に長いイニングを投げてもらいたいが、さすがに限界でした。3回で代えた時点で、投手全員でいくしかない」と原監督は心境を話す。

3対2となり大事な次の1点。取ったのは上田西だった。

5回、先頭打者として打席に立った武田が右中間へ二塁打を放つ。塁に出ると、様々なリードで守備陣を揺さぶる武田。一死後、3番小崎の内野安打で三塁まで進んだ。
続く4番佐藤 辰徳(2年)がレフトへフライを放つ。やや浅い打球だったが、捕ったのを確認した武田は迷うことなく本塁へ向かって走り出した。結果はクロスプレーになることなく、楽々とホームイン。50メートル5秒68の俊足が、この日も炸裂した。
「どこと練習試合をしても、(相手チームから)武田が欲しいと言われます。足が速いのと、足の回転も速い」と武田の存在と武器を語る指揮官。

塁に出るのはもちろん、3回のようにネクストバッターズサークルにいるだけで相手は警戒をする。結果として、打者に対して球が甘くなる確率が高くなる。守備側にとっては、これほど恐ろしい選手はいない。

【次のページ】 上田西vs星稜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
12球団最多の支配下指名も、高卒は高寺望夢(上田西)1人のみ!阪神の高卒選手【ドラフト総括】 【ニュース - 高校野球関連】
県4連覇を達成し信越大会4強入りを果たした星稜のこの秋の戦いぶりを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
星稜vs富山商【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
飯山vs上田西【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
上田西vs松商学園【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
上田西 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
秋季北信越地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

上田西星陵頑張ってたーさん 2013.08.05
石川大会で、見せてくれた、あの打撃で、優勝目指して、がんばって

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る