2012年10月13日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

新潟明訓vs富山第一

2012年秋の大会 第127回(平成24年度秋季)北信越地区高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

新潟明訓・竹内薫平主将

悔しさを取り返した主将

富山第一のエース・宮本 幸治(2年)と、新潟明訓の背番号11・村山 賢人(1年)の投げ合いとなった前半。
4回裏、一死二塁から富山第一の5番宮本が放ったショートゴロを、新潟明訓の主将・竹内薫平(2年)が一塁へ悪送球。思わぬ形で先取点が富山第一に入った。
「ごめん」と1年生投手に詫びた主将は絶対にバットで取り返すと誓った。

北信越地区屈指の右腕に対し、前半5回までわずか2安打の新潟明訓。この秋から指揮を執る本間健治郎監督は、「打線が気負いすぎていた」と感じていた。
ただ6回は打順が三巡り目に入る。9番林洸太朗(1年)から左打者ばかりが続く打順でもあった。
そして、「宮本投手の球威が落ちてきている」と直感したのが竹内主将。この回が絶好の攻め時とナインは共通の認識を持った。

6回表、先頭の林は三振に終わるが、1番小池 那弥(1年)がライト前にヒットを放つ。ここからマウンドの宮本に明らかな変化が見られた。2番本間辰吉(2年)の時に二度の暴投。三塁まで小池進み、本間は四球となった。

『このチャンスを逃すまい』と打席に立ったのは守りでミスをしていた竹内。初球をセンターへ打ち返した。犠牲フライとなり同点。
さらに4番伊藤丈(2年)のセンター前ヒットと、5番駒澤辰也(2年)の四球で満塁。苦しんでいた宮本が、6番高田 大輝(2年)に投じた初球が死球となり、新潟明訓がゲームをひっくり返す形となった。

続く7回に2番本間のタイムリーで1点を追加。そして3番竹内が、宮本の甘く入ったスライダーをジャストミート。打球はライトの頭上を越えてタイムリー三塁打。自らのミスをバットで取り返した主将は、満面の笑みを見せた。

ただ、9回に再び失策を犯して、1点差まで詰め寄られる原因を作ってしまった主将。
「キャプテンの竹内が一人で大騒ぎしていましたね」と苦笑いの表情を浮かべた本間監督。当の竹内も「ホッとしました」と胸をなで下ろしていた。


(文・写真=松倉 雄太
(写真:試合シーン46~:佐藤 純一)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
本日は北信越大会準決勝!3連覇を狙う星稜、唯一3位校で4強入りの関根学園ら 選抜の切符を手にするのは?<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
敦賀気比、関根学園がベスト4進出!準々決勝2試合を徹底レポート!【秋季北信越大会】 【ニュース - 高校野球関連】
敦賀気比vs新潟明訓【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
第4回 時代の流れの中でも未だ衰えることなく健在の富山商vs高岡商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
上田西vs津幡【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
第18回 糸魚川(新潟)「『春季大会ベスト8』の結果に満足せずに糸魚川から甲子園へ」【僕らの熱い夏2019】
富山第一vs福井工大福井【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
富山第一vs三条【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
第519回 人間としてのバランス、全員力、一人の個性を大事に!目白研心(東京)【野球部訪問】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
東京学館新潟vs新潟明訓【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第158回 富山第一高等学校 幸山 一大 選手 【2013年インタビュー】
富山第一 【高校別データ】
新潟明訓 【高校別データ】
秋季北信越地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

富山第一智弁学園との強化待試合を観戦して富山県の高校野球ファン 2012.11.11
昨日、富山市民球場で開催された智弁学園との強化招待試合を観戦しました。私はどちらかというとオールドファン(年輩)の部類に入るのですが(私自身は他県出身ですがノンプロでの野球経験者)、富山第一は富山の高校野球を変えてくれる存在になってくれることを期待して、時間の許す限り観戦しています。そんな中で段々となじみのある選手もかなり現れてきました。先代のチームも魅力的でしたが、今年のチームもエース宮本を中心に打線もタレントが沢山いて楽しみです。昨日の試合も打線は一年から活躍している平田君や黒田君を中心とした攻撃陣の力強さを感じました。かなり長い間、富山の高校野球を観ていますが、是非、このチームで全国大会で結果を残し、富山の高校野球に革命を起こして欲しいと願っています。
富山第一甲子園ベスト4OB 2012.10.20
歴代No1のチームかも、冬場にもっと鍛えて来年の夏に全員が絶好調で大会に臨める様に頑張って下さい。(あくまでも富山大会は通過点だからね!県内強豪校は何校か有るけれど何処も全国では全く通用してない高校ばかりじゃないの平常心でいつも通り戦えば優勝だよ何時もユニフォーム負けしている様な気がする)目標は甲子園ベスト4です。投手陣あと2つ程球種を増やし制球力を付ける。バッターはもっと力強い速い強烈な打球を放って欲しい。期待と共に楽しみにしています。  
富山第一お疲れ様一高ファン 2012.10.13
センバツ出場を目標にスタートした新チームですが、夏場の猛練習のの成果もあって県大会制覇までは思い通りに実現できましたが、残念ながら秋季の北信越の
頂点に登り詰める事はかないませんでした。
しかしながら、富山の高校野球界の希望の星であることには変わりありません。これからも応援してきますので、富山の野球を変える存在となるべく頑張って下さい。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る