2012年10月02日 大野町運動公園(大野レインボースタジアム)

仙台育英vs明徳義塾

2012年 第67回ぎふ清流国体 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

9回裏二死なら中越三塁打・同点のホームを踏んだ伊與田一起(明徳義塾)

明徳義塾の熱き男たち。その終焉と新たな始まり。

桐光学園の2年生左腕・松井 裕樹による7回15奪三振。長良川球場の観客が極上の「タレント」に酔いしれているころ。県都・岐阜市から約20km北西に位置する大野町レインボースタジアムでは、極上の「ベースボールゲーム」が繰り広げられていた。その演出者となったのは、明徳義塾(高知)と仙台育英(宮城)である。

この試合を迎え、両者は難しい立場に置かれていた。既に秋季宮城県大会を制している仙台育英は、5日(金)に開幕、6日(日)に一関学院(岩手第3位)と初戦を迎える秋季東北大会の公式練習を4日(木)に控え、「チームに合流するには3日のうちに仙台へ帰らないといけない」(佐々木潤一朗監督)過密日程が確定。一方の明徳義塾も同じく6日(日)に高知県大会準々決勝・高知南戦を控えており「負けたらすぐに高知へ帰らないと」(馬淵史郎監督)といった具合であったからだ。

しかしその一方で、両監督は「3年生に気持ちよく高校野球を終わらせてあげたい」(仙台育英・佐々木監督)想いも併せ持っていた。よって試合は「お互いクリーンナップがバントしないとああいう野球になる」と明徳義塾・馬淵監督も評したように、「高校野球」というより「ベースボール」の要素が多分に入ったものになっていく。

4回表に仙台育英が二死二塁から7番・稲澤潤(3年)の一二塁間適時打で先制すれば、その裏に明徳義塾が一死一・二塁から6番・杉原賢吾(3年)右翼線二塁打で同点。その後も7回には1点ずつ。8回にも途中出場の伊藤 健太(3年)の中越2点二塁打などで仙台育英が3点を一挙勝ち越した直後に、明徳義塾が杉原の2点二塁打含む無死からの4連打で2点を取り返すなど、両校はまるで合わせ鏡のように点を取り合っていった。

【次のページ】 仙台育英vs明徳義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東北、仙台育英などが2回戦を突破!【秋季宮城県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾・市川 悠太が「侍ジャパンU-18代表」で学んだことを語る! 【ニュース - コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
野球ノートから紐解く、春・夏連覇を目指す大阪桐蔭の強豪たる由縁とは?【現地記者の高校野球取材ノート】
第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
浦和学院vs仙台育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
明徳義塾vs高知中央【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
大手前高松vs明徳義塾【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
仙台育英 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第67回ぎふ清流国体 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る