全国屈指の3、4番、田村龍弘、北條史也のライバル意識が東海大甲府を粉砕した

 光星学院が1回表早々に勝負を決めた。先頭の天久 翔斗(右翼手・右投左打)が右中間フェンスを直撃する二塁打を放ち、2番打者がこれを送って1死三塁。ここで3番田村 龍弘(捕手・右投右打)がボールカウント2-2から133キロの高めストレートを払うようにレフトに打ってまず1点。

なおも1死一塁で打席に立つのは北條 史也(遊撃手・右投右打)。
5球目の高めに抜けた120キロのフォークボールを前さばきで打つと、センターフライだと思った打球がぐんぐん伸びていき、何とバックスクリーンに飛び込む3ランになった。柔らかく強いリスト、と肉体的な面を賞賛するより、田村が打ったから自分も打つというチーム内のライバル関係が素晴らしい。

3回戦神村学園戦では北條が1回にホームランを打つと田村が3回にホームランを打ち、準々決勝桐光学園戦では好左腕、松井裕樹から田村が8回に0対0の均衡を破る左前タイムリーを放つと、続く北條が左中間を破る二塁打を放って2点を加え、というように、この3、4番は常に刺激し合って好結果を出している。

 なみに、この試合では北條の2打席連続ホームランに刺激されたのか、9回に田村が3ランを放って東海大甲府にとどめを刺している。北條とのアベックホームランは神村学園戦に続いて2本目。大会出場校中、というより、全国でも最高の3、4番コンビと言っていいだろう。