光星打線を引っ張る異次元の三人

誰も打たれたくて、打たれているのではない。
キャッチャーサイドからすれば、抑えるつもりでリードをしている。

光星学院天久 翔斗田村 龍弘北條 史也

この3人が今もなお、驚愕の打棒を発揮し続けている。
対峙する側からすれば、この3人をいかに抑えるかをテーマにしてきたはずだ。
しかし、これまでのチームがそうだったように、東海大甲府の投手陣もまた、彼らの餌食になった。

東海大甲府の捕手・石井 信次郎は言う。
「(光星は)3・4番がキーになるチーム。逃げるのではなくて抑えようと思っていたし、攻めていった。でも、光星打線は、一個甘く入っただけで、打ち返してきた。これが全国区で有名なバッターなのかと思った」

東海大甲府だけではなく、例えば3回戦で敗退した神村学園準々決勝で敗れた桐光学園も、同じように二人には向かっていた。

共通しているのは、田村や北條のインコースを厳しく攻めようという姿勢だ。捕手はインコースのぎりぎりに座り、そこに構えていた。
しかし、完璧にそこに投げ切る投手はいなかったし、言いかえれば、少しでも中に入れば、彼らはしっかりとらえた。