揺れた小針采配

 あたかも、メディアが結論付けているようだった。

試合終了後の作新学院・小針崇宏監督にはこんな質問が飛んでいた。
「きょうはいつものと何かが違いましたね?」
3回戦の前に発覚した部員による強盗事件の影響と敗因を結び付けたいかのようだった。
影響が全くないとは言い切れないが、そんな試合ではなかった。

 揺れたのは選手たちのメンタリティーではなく、小針采配ではなかったか。
特に気になったのが、4回表、同点の場面。無死・1、2塁からの手堅い攻めだった。
3番・篠原 優太、4番・高山 良介で作った好機に、小針監督は山下 勇斗に送りバントを命じた。

篠原が出ても高山が強攻しているように、小針監督はあまりバントを多用しないはずだが、なぜか、この場面では送りバントを策に選んだのである。
「次の1点が大事だと思ったので、1点を取ろうと。手堅い作戦にしました。」(小針監督)
気持ちは分からないまでもないが、その策に、作新学院らしさを感じなかった。

 送りバントは有効か―――。

高校野球を見ているといつも思うことだが、送りバントを多用することにどこまでの有効性があるのだろうか。せっかく勢いに乗ったところで送りバントを選択し、アウトを相手に一つ与えることに、先は見えるのか、と。

1点を取れる事はあっても、大量得点にはつながっていかない。目先の作戦に思えて仕方がないのだ。

とはいえ、バントが有効かどうかの議論に答えはない。なぜなら、送りバントをして1点でも入れば、その作戦は正しいと結論付けられるからだ。

 この場面がまさにそうだった。
山下の犠打は成功し、続く吉田紘大の左翼前適時打で2者が生還。同点に追いついた。
小針采配は的中していた事になる。
しかし、甲子園限定とはいえ、3季連続で小針監督の積極的な采配を見てきたものとしては、納得がいかないものがあった。勢いを感じなかったのだ。