宇部鴻城、「悔しさ」と「感謝」の夏終わる

9回裏二死。主将・西野孝太郎(3年)の詰まったセカンドゴロは間一髪アウト。そして無情に鳴り響く試合終了のサイレン。夏初出場・宇部鴻城の挑戦は3試合で終わった。

この試合も当初、ペースは宇部鴻城の側にあった。「甲子園で自分たちより強い相手でも緩急をつけて投げたら抑えられる」術を完全に体得した笹永 弥則(3年)は、東海大甲府の強力打線を4回までわずか1安打に封じる快刀乱麻のピッチング。打線も5回表一死から相手先発・本多将吾(3年)のストレートを7番・西野が捉え、右中間二塁打を放つと、8番・安田翔(3年)は三塁線、9番・椙田 寿希(2年)も中越えに続き2点を先行。今大会初の先制点でベスト8を手の届く位置まで引き寄せた。

が、それが逆に笹永のプレッシャーになったのか。その裏には二死一・二塁からチームが最も警戒していた1番・渡邉誠(2年)にセンターフェンス直撃の三塁打を喫し同点。さらに7回には一死三塁から渡邉との勝負を避けるも、続く新海亮人(3年・主将)の遊ゴロで逆転のホームを許すことに。「スクイズやサードランナーのエンドランなど、色々なことを考え過ぎた。打者勝負と指示すればよかった」と、尾崎公彦監督は直前に取った守備タイムでの指示内容を悔いたが、ここは東海大甲府の試合巧者ぶりが勝る格好になった。

「初出場とか関係なく。敗戦の瞬間は悔しい。また、3年生が泣く姿を見てしまったと思いました」。
試合後まずは悔しさを露わにした指揮官は、ただこうも続けた。

「甲子園で2つ勝ったことは本当に素晴らしい。ありがとうと言いたい」。
その気持ちは選手側も同じだ。昨夏山口大会ベンチ外から今大会14打数7安打をマークするまでに成長を遂げた3番・樋ノ口吉央(3年)は語る。「技術的にも、精神的にも入学当時なにもできなかった僕ですけど、この夏は目に見える形で成長を感じることができました。このチームは49校のうち技術的にはベスト16ではありませんけど、心のところでは負けていなかったと思います」。

「悔しさ」。そして「感謝」。この場に到達できなくては決して手に出来なかったお土産を一杯持って、チームは今日、山口県宇部市への帰路に就く。

(文=寺下 友徳)