夏春連覇した30年前の徳島・池田高を彷彿とさせる東海大甲府の猛打線

 最初は似た者同士の戦いだと思っていた。両チームの先発、東海大甲府神原 友龍谷大平安田村 嘉英は左肩を開いて140キロを超えるストレートと横変化のスライダーを投げる本格派同士という似た者。打線は1番が好打者同士、中軸の3人がパワーヒッターという似た者同士。さて、勝利の女神はどちらに微笑むのか、などと暢気に構えていたが、試合が始まって考えを改めた。東海大甲府のほうが投打ともにワンランク上だった。

左肩を開いて投げるタイプはストレートが高めに抜けたり、右打者の内角高め方向に抜けることが多いが、神原は開いて投げる形はそのままにする代わり、腕の振りをコンパクトにし、さらに低めに意識を徹底することによってフォームの悪癖がもたらす抜け癖を押さえ込んだ。

ピッチングスタイルに目を向けると、専門誌などには「MAX147キロのストレート」と書かれることが多いが、ストレートだけでなく、120キロ程度で大きく横に変化するスライダー、スライダーとは逆方向に変化するチェンジアップを投げ分け、勝負どころではフォークボールを投げて三振を取りにいく緩急自在のピッチングスタイルを展開した。

さらに内角を積極的に突く姿を見て、少し驚いた。7回裏、1死三塁の場面では7番基村脩也に対して内角いっぱいに140キロ台前半のストレートを2球続け、0ボール2ストライクと追い込み、1ボールのあと外角低めにスライダーを投げて空振りの三振というシーンがあった。内角の効用がわかっていなければこういう配球はできない。ストレートだけでなく、スライダーで内角を突くパターンもあり、内角攻めにバリエーションがあるというのは、神原を何回も見てきた私にとって新鮮な驚きだった。