小関順二の関東大会特別観戦記vol.3
~9回に起こったドラマ ~

 8回が終わった時点で関東一が5対1でリードする展開。勝負の行方は完全に見えたと、誰もが思った9回にドラマが起こった。

 4点リードの9回表、守りにつく関東一のマウンドに上がったのは選抜大会で大活躍し、チームを4強に押し上げる原動力になった2年生エースの中村 祐太。ゆったりとした投球フォームは相変わらずで、リリースのときだけ腕が鋭く振り下ろされ、ボールがピュッと……来ない。

 先頭の山下 勇斗(2年・捕手)がフルカウントの末に歩くと、この日3安打を放っている山梨 浩太(2年・二塁手)が4本目のヒットをレフト前に放ち、2死後、1番布瀬恭平(3年・右翼手)がやはりフルカウントの末に歩いて満塁となった。
 この場面で打席に立った鶴田剛也(3年・中堅手)が放った打球はライトへの大きな飛球。大きな飛球だが、捕れない打球ではない。実際、ライトの岸直哉(3年)が一度は追いついて捕球する体勢に入っていた。しかし、岸がこれを落球し(記録は二塁打)、満塁の走者はすべて生還して得点は1点差となる。なおも2死二塁の場面で、3番石井 一成(3年・遊撃手)が中村の直球をセンター前に弾き返して、二塁走者の鶴田が“まさかまさか”の同点のホームを踏んだ。

 話を聞くと、中村は選抜のときから股関節に痛みを訴えていたという。投げるのが怖くない状態まで復調しているとのことだが、選抜のときに見せたストレートのキレがこの日はなかった。4番高山 良介(3年・一塁手)をストレートで空振りの三振に打ち取ったのはせめてもの意地だろう。

 しかし、ドラマはこれだけでは終わらない。