小関順二の関東大会特別観戦記vol.2
~かけ続けるプレッシャー~

 健大高崎埼玉栄にプレッシャーをかけ続けた試合である。とくに健大高崎らしかったのが、竹内 司(3年・中堅手)がライトスタンドに本塁打を放った直後に見せた3回の攻撃だ。

 2死後、四球で出塁した内田 遼汰(3年・三塁手)が二盗を敢行し、捕手の二塁悪送球で三塁まで進む。そして次打者、大澤攻行(3年・一塁手)が四球で出塁して一、三塁となった。この大澤が二盗を企図して挟殺プレーに持ち込み、そのスキを突いて三塁走者の内田が本塁生還を狙って本塁に突進するという流れ。これは得点にならなかったが、埼玉栄ディフェンスは心の休まるときがなかっただろう。

 この一連の攻撃をもう少し詳しく書くと、内田の二盗は相手キャッチャーのわずかなスキを突いたディレードスチールである。そして大澤の二盗企図は、相手投手の投球を待たずに走ったもの。つまり四球で一塁に向かう流れで二進をたくらんでいる。最初から挟殺プレーに持ち込んで1点をむしり取ろうとする作戦で、狙いは1点奪取より、いかに大きなダメージを相手に与えられるかということ。選抜大会から続く、健大高崎のメインテーマと言っていい。
 この健大高崎のムードメーカーが2番の中山奎太(3年・二塁手)で、この選手が動くとチームが動く。この試合では8回、先頭打者としてライト前ヒットを放つと、すかさず二塁への盗塁を決めている。3番長坂 拳弥(3年・捕手)がバントで送って1死三塁として、4番内田のタイムリーで決定的とも言える4点目を取った。初戦(2回戦)の帝京戦でも0対1で迎えた9回表、先頭打者として死球で出塁すると、1死後に二盗し、内田、大澤の連打で同点のホームを踏んでいる。この上位打線の嫌らしさ、あるいは流れに乗ったときの迫力は天下一品である。

 相手守備陣の乱れに乗じるのも健大高崎の特技である。さて、先制点を奪った2回表にイニングに話を戻そう。