先発した生井晨太郎(健大高崎)

サインプレー発動

さすが選抜大会ベスト4のチームだ。健大高崎の鍛えられた走塁がここぞという場面で力を発揮された。

東海大甲府がエース・本多 将吾、一方の健大高崎前日の帝京戦でエース・三木 敬太が延長10回まで投げたため生井 晨太郎が先発した。先制したのは健大高崎だった。
4回表、この回先頭の内田 遼汰がセンター前ヒットで出塁すると、続く大澤攻行が2ストライクの所でディレードスチールを敢行。これにキャッチャーの悪送球が重なり無死3塁となる。1死後、6番・神戸和貴がプッシュ気味のスクイズをするとこれが内野安打となり健大高崎が1点を挙げた。

東海大甲府の反撃は6回裏だった。それまで健大高崎・生井を捉えられずにいたが、この回先頭の山本駿が右中間への三塁打で出塁すると続く望月 大貴が四球を選び無死1,3塁とする。8番・本多の所で一塁走者・望月とヒットエンドランをかけるとこれがタイムリーとなり同点となった。

さらに、無死1,2塁で9番・田中 隆太がバスターを決め無死満塁とすると、1番・渡邉 諒が押し出しの四球を選び2対1と勝ち越しに成功。生井をマウンドから引きずりおろした。

健大高崎は無死満塁の場面でエース・三木が登板。東海大甲府ベンチは2番・新海亮人にスクイズを指示するが、これを新海が失敗し併殺となりチャンスを潰してしまう。

東海大甲府は7回から神原 友をマウンドへ送る。だが、健大高崎はその神原を攻め2死2塁から2番・中山奎太がスライダーに態勢を崩されながらもレフト前へ運びすぐさま同点とした。