ミラクル松戸国際

7回を終えて5点のビハインド、だが県大会で何度も逆転勝ちをしてきた松戸国際は決して諦めてはいなかった。

前半はむしろ松戸国際のペースだった。1回、水戸商先発のエース・木村が制球を乱し3四球で2死満塁とすると、6番・阿部がライト前へ2点タイムリーを放ち松戸国際があっさりと2点を先制。

だが、お互い1点ずつを奪い迎えた5回表、これまで球威のあるストレートを武器に快調に飛ばしてきた松戸国際の先発・庭田が水戸商打線に捕まる。
鈴木、原田に連打を浴びるなど2死満塁とされると5番・山口にセンター前タイムリーを打たれ、マウンドを左腕・重里に譲る。だが、代わった重里も流れを止められず、代打・舟木にセンター前2点タイムリーを浴び4対3と逆転を許した。

これで流れを掴んだ水戸商は6回表に2死1,2塁から3番・遠藤に右中間へタイムリー二塁打で2点を追加すると7回表には、1死1,2塁から8番・庄司が3ランを放ち9対4とした水戸商。これで勝負ありかと思われた。

そして、8回裏を迎える。
ここまでの伏線としては、木村の球数が多くなっていたことだ。
この回先頭の重里が右中間への二塁打で突破口を開くとその後、四球とヒットで無死満塁とされた所で水戸商ベンチは球数が多くなっていた木村を交代することを選択した。