2012年05月20日 さいたま市営大宮球場

埼玉栄vs専大松戸

2012年春の大会 第64回春季関東地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ランエンドヒット? or 単独スチール?

埼玉栄はエース本間、専大松戸は当日先発を言い渡されたというサイドスローの高橋が先発したこの試合、埼玉栄打線は1回から高橋に襲い掛かる。1回裏、1死2塁から3番・濱崎が左中間へタイムリー2塁打を放つと、続く高橋もレフト前ヒットで続き1死1,3塁とする。ここで5番・坂本を迎えると2ボールとなった所でベンチはエンドランを仕掛けた。結果はセンター前へのタイムリーヒットとなり2点目を奪う。

この場面エンドランかランエンドヒットのサインが出たのかと思われたが、実はランナーだけに単独スチールのサインを出していたというから驚きだ。打球によっては併殺になる可能性もあるだけにかなりリスキーであるが、投手がサイドスローでランナーが走りやすく、坂本が右打者でランナーが目に入る状況であるということも埼玉栄・細渕監督の計算に入っていたであろう。

専大松戸・持丸監督は2回裏もピッチャー本間にタイムリーを浴びるなどリズムに乗れない高橋を諦め早くもエース・石島を投入する。だが、頼みの石島も流れを止められない。神山、猪野に連打を浴び満塁とされると濱崎のセカンドゴロの間に4点目を失うと3回も1死1,3塁から7番・鈴木がピッチャー強襲ヒットを打たれ5点差をつけられてしまう。

 一方の埼玉栄・本間は2,3,5回の先頭打者に四球を与えるなど決して調子は良くなかったが、5点のアドバンテージを活かし専大松戸打線に連打を許さない。

専大松戸打線としても5点差でできることは限られており厳しい状況であったがミスも出た。5回表にはフォアボールとプッシュバントで無死1,2塁のチャンスを得るが、9番・山川が送りバントを失敗し併殺となる。

【次のページ】 埼玉栄vs専大松戸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
佐々木朗希(大船渡出身)だけではない!世代屈指のサイドスロー・横山陸人(専大松戸出身)が対バッターへ調整進める 【ニュース - 高校野球関連】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
拓大紅陵vs専大松戸【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東金【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
埼玉栄vs市立川越【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第215回 【逸材レポート】横山陸人(専大松戸)「貫き続けたストレートのレベルアップ。だからこそ今の立ち位置がある」【ドラフト特集コラム】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 挫折を乗り越えて優勝の景色をもう一度味わう 藤田捺己(埼玉栄女子野球部) 【2019年インタビュー】
第954回 全国制覇の奪還を目指す「生粋の野球少女」 石垣麻弥乃(埼玉栄) 【2019年インタビュー】
第947回 さらなるレベルアップへ。キーワードは「左腕の使い方」 岩本大地(石岡一)【後編】 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
埼玉栄 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
春季関東地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る