ランエンドヒット? or 単独スチール?

埼玉栄はエース本間、専大松戸は当日先発を言い渡されたというサイドスローの高橋が先発したこの試合、埼玉栄打線は1回から高橋に襲い掛かる。1回裏、1死2塁から3番・濱崎が左中間へタイムリー2塁打を放つと、続く高橋もレフト前ヒットで続き1死1,3塁とする。ここで5番・坂本を迎えると2ボールとなった所でベンチはエンドランを仕掛けた。結果はセンター前へのタイムリーヒットとなり2点目を奪う。

この場面エンドランかランエンドヒットのサインが出たのかと思われたが、実はランナーだけに単独スチールのサインを出していたというから驚きだ。打球によっては併殺になる可能性もあるだけにかなりリスキーであるが、投手がサイドスローでランナーが走りやすく、坂本が右打者でランナーが目に入る状況であるということも埼玉栄・細渕監督の計算に入っていたであろう。

専大松戸・持丸監督は2回裏もピッチャー本間にタイムリーを浴びるなどリズムに乗れない高橋を諦め早くもエース・石島を投入する。だが、頼みの石島も流れを止められない。神山、猪野に連打を浴び満塁とされると濱崎のセカンドゴロの間に4点目を失うと3回も1死1,3塁から7番・鈴木がピッチャー強襲ヒットを打たれ5点差をつけられてしまう。

 一方の埼玉栄・本間は2,3,5回の先頭打者に四球を与えるなど決して調子は良くなかったが、5点のアドバンテージを活かし専大松戸打線に連打を許さない。

専大松戸打線としても5点差でできることは限られており厳しい状況であったがミスも出た。5回表にはフォアボールとプッシュバントで無死1,2塁のチャンスを得るが、9番・山川が送りバントを失敗し併殺となる。