南稜、善戦! 埼玉勢の公立校を元気づける熱戦!

今年の埼玉春季大会は浦和学院春日部共栄花咲徳栄聖望学園の私立勢が敗れる波乱含みの大会となった。関東大会進出は南稜埼玉栄春日部東川口の4チーム。3校が県立勢。その南稜を応援しようと、一塁側の南稜スタンドはほぼ満員だった。

また南稜は背番号10の武井和真選手が試合前のシートノックをすべて務めている。そのノックが非常に上手く、スタンドにいた人たちはみな、彼のノックの巧さに驚かされていた。まさに第二の監督という位置づけと印象付けるシートノックであった。(参照4月30日レポート)

相手は昨夏ベスト4今春の選抜出場を果たしている作新学院と対戦だ。試合は苦しい試合展開となる。

1回のから作新学院がチャンスを掴み、4番高山の適時打で1点を先制。3回表にも高山がしぶとくライト前へ落とす適時打で1点を追加。さらに5回表にも、5番吉田の適時打で1点、6回表にも1番鶴田の右横線二塁打で、1点を追加し、4対0。作新学院が試合の主導権を握った。

しかし6回裏、南稜は二死二塁から振り逃げ。捕手が弾いた球は一塁側ベンチへ転がり、二塁走者は一気にホームを狙い、クロスプレーとなったが、セーフ。南稜スタンドは大きく盛り上がる。