個人の才能が傑出した好ゲーム!

この試合は個人のパフォーマンスですべてを凝縮出来る。東海大甲府神原 友渡邉 諒宇都宮工星 知弥のパフォーマンスはそれだけ際立っていた。

星と神原の投げ合いは快腕と剛腕と投げ合いと表現すればいいか。星は高回転のキレ型のストレート。神原は恵まれた体格から振り下ろす剛球が売りだ。

星は前評判では関東地区NO.1の右腕という逸材。関東大会でベールを脱ぐということで、多くの人が楽しみにしていた逸材だった。
身体は細身だが、腕の振りの速さは一級品。ただやみくもに速く腕を振ろうと思っても出来るものではなく、彼はセットポジションから始動し、左足を高々と上げていき、左足に全体重をかけて、体全体を回旋させる。腕の振りと合致しており、より高速な腕の振りを実現することが出来ている。リリースする角度に無理がないので、引っかかりがない。だから切れ味鋭い速球を投げ込むことが出来る。速球は常時135キロ~140キロで最速144キロを計測。強く腕が振れた時に決まる速球は高回転。スライダーのキレは中々良く、コントロールは不安定だったが、プロのスカウトが注目するポテンシャルは十分にあるということは実感した。

 星の出鼻をくじいたのが1番の渡邉 諒であった。星が自信満々に投げ込んだストレートを振り負けずに痛烈なセンター返し。セカンドが追いついたものの、間に合わず内野安打に。タイムは4.25秒。右打者としてかなり速いタイムであった。すかさず連打でつなぎ1点を先制。更に第2打席では外角スライダーに体が突っ込まず。引っ張り左中間を破るスリーベース。タイムは測ることはできなかったが、躊躇なく三塁へ駆け込んだ。更に第3打席は星のスライダーを捉えて痛烈なサードライナー。さらにセーフティ安打を決める。タイムは3.81秒。

 4打数3安打の大活躍であった。スクエアスタンスで、腰が据わった集中力の高い構え。グリップが身体の近くに入りすぎず、インサイドアウトで振り抜くことが出来ており、変化球にも合わせるが上手い。昨年の関東大会でいきなりホームランを打つ鮮烈デビューを飾った男だ。
ただ体格、雰囲気、スイングからスラッガーと感じるものではなく、勝負強さを売りにする中距離打者タイプで、いずれはそういう実戦的な打撃を求めていく選手になるだろうと想像はついた。予想以上の早さで今の巧打者タイプに落ち着いたのは驚かされた。自分を客観視出来たプレーが出来ていてとても好感。セカンドからショートへコンバートしたが、スピード感のある守備が出来ている。恐らく彼は高橋 周平の後を追う男になっていくだろう。