これぞ全国区の状況判断

 やはり全国区のチームは違う。春日部東はこの日痛感されられたであろう。

帝京・石倉、春日部東・熊谷の両左腕でスタートしたこの試合、帝京は、初回硬さのみえる春日部東選手達の立ち上がりを攻め立てる。1死から2番・田中がショートゴロエラーで出塁すると続く板倉との所ですかさずエンドランを決め1死1,3塁とする。ここで主砲・渡辺の打球はセンターへ飛び犠牲フライになるかと思われたが、強肩センター・松尾のダイレクト返球で3塁走者・田中を本塁で刺し先制点を与えない。

だが、先制したのは帝京だった。3回表1死2,3塁から2番・田中がセンター前2点タイムリーを放ち2点を先制する。
春日部東もその裏2死2,3塁とこの試合初めてのチャンスを得るが3番・西村が凡退し得点を奪えない。

その後は春日部東・熊谷が丁寧な投球に終始し帝京打線に的を絞らせない。一方の帝京・石倉も完全に春日部東打線を見下す投球をみせ得点を与えない。
中盤まではロースコアで進む春日部東のゲームであったはずだ。2点をリードされているが、浦和学院打線同様にこの日の帝京も熊谷の投球に嵌り始めていた。