前橋商・川野辺君

夏を見据えた戦いの前橋商、打って取った納得の3点

 この日に始まった、今年の春季関東地区大会は埼玉県開催である。

開会式後の試合は、終盤まで勝敗の行方が分からない接戦になった。もっとも、内容的には、お互いに走者を出しながら、いくらか拙攻気味だったということは否定できないかもしれないが、それ以上に両投手が粘り強く踏ん張っていたといってもいいであろう。

 前橋商は、8回までで5安打していたがそのうちの4本が二塁打。しかも、3本は無死からのものだった。あえて、送りバントをしないで打っていくというのは、「夏を見据えた戦いということでは、諏訪君のような好左腕投手を打てなくてはいけない」という住吉信篤監督の判断からでもあった。しかし、ここまでは2回に増村君と川野辺君の連続二塁打で挙げた1点のみということになっていた。

 また、下妻二も4回を除いて毎回走者を出しつつも、あと一本が出ないという状況だった。

 こうして、どちらも攻めきれず、ややジリジリとする展開のまま後半に突入していった。下妻二は6回、4番前山君が二塁打で出ると2死後、四球などもあって1、2塁としてから、8番内海君のレフト前へのポテンヒットでついに追いついた。こうなると、試合の流れとしては、下妻二に流れていくのではないかという感じだった。

 いずれにしても、次の1点が試合を左右することは確かであろうと思われた。

 延長の可能性もありうるという雰囲気も出てきた9回、前橋商は先頭の鈴木将君がこの試合チームとしては5本目の二塁打をレフト線に放つ。センターフライで三塁へ進んで、1死3塁という場面を迎えた。

ここで、7番増村君は思い切りのいいスイングで捉えてセンター前へ。増村君は判断よく、一気に本塁まで駆け抜けて、ランニング本塁打で2点を挙げた。「アウトコースのストレートでしたが、外野飛球でもいいと思って、思い切って振りました」という増村君だったが、そのベースランニングも思い切りがよかった。