2012年05月06日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

明徳義塾vs鳴門

2012年春の大会 第65回春季四国地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾、春の四国王者に

明徳義塾、「腹八分目」で春の四国王者に!

表情を変えず挨拶に並び、淡々と校歌を歌い上げ、粛々と表彰式に臨む。
その光景は3年前、石橋 良太(現:拓殖大3年)を主将・エースに押し立て優勝を果たした平成21年(2009年)第62回大会の優勝時と全く同じであった。

選抜大会ベスト8鳴門が相手の決勝戦。
現在の四国地区の高校野球における頂上決戦にあっても、明徳義塾の選手たちに気負いは全くなかった。1回と3回に4番・西岡 貴成(2年)が連続適時打を放つと、4回には今大会3連投となった小方 聖稀(2年)が自らを助ける適時打。5回には最終的には4打数4安打をマークした3番・伊與田 一起(3年)のレフトオーバー適時三塁打に続き、西岡も犠飛で続いて計5得点と、前半でほぼ試合を決めてしまったのである。

後半に入っても明徳義塾の勢いは変わらない。徳島ホークス(ヤングリーグ)出身の小方は「平行移動しながら投げる」と馬淵史郎監督からのアドバイスを体現し、7回途中まで94球、5安打4四死球で自責点1と試合を作った。
続く岸 潤一郎(1年)は疲労から7回に1番・河野 祐斗(2年)に適時打、8回に7番・松本 高徳(2年)に犠飛を与えるも大きな崩れはなし。9回は福永 智之(3年)が危なげなく試合を締めた。

一方の打線も生光学園中(ヤングリーグ)出身の西岡が7回に再び適時打を放ち、準決勝から8打数連続安打の偉業を達成。
「徳島県のチームには負けられない」と気持ちを力に変えた徳島県出身選手2人の活躍は、徳島ホークス時代は小方とバッテリーを組んだ鳴門5番・伊勢隼人(2年)をしても「昔の小方は打たれたら崩れていく奴だったが、今はまったく違う」と舌を巻かせるほどだった。

ただ、冒頭に述べたように明徳義塾の側に緩みはない。馬淵監督は大会を振り返り、こう話す。
「まだチームは未完成。打順もまだ決まっていないし。投手の数ができたのは良いことだけどね」。
そして3月の部長就任以来、公式戦9戦負けなしを続ける佐藤洋部長が試合後最初に話した言葉もこうであった。
「(9回・二塁ベース寄りの打球を2本安打にした)髙橋拓也(2年)の守備。杉原 賢吾(3年)のリードやバント。高知県体育大会(5月19日~21日開催)へ向けて、いい課題ができました」。

そう、彼らのお腹はまだ「腹八分目」。最初の満腹感は甲子園出場の瞬間までとっておく覚悟だ。

(文=寺下 友徳)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【高知】今夏Vの高知、明徳義塾の初戦は?秋季大会の組み合わせが決定!<トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
北川 倫太郎(元楽天)らを擁した2010年の明徳義塾ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
高知vs明徳義塾【高知県 2020年秋の大会 高知県高等学校選抜野球大会】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
明徳義塾vs鳥取城北【2020年甲子園高校野球交流試合】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
鳴門 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
春季四国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る