『選手を信頼する』西谷采配で大阪桐蔭がセンバツ初優勝

 センバツ大会決勝が行われる予定だった4月3日の雨天順延は大阪桐蔭に有利に働くと思っていた。大型右腕、藤浪 晋太郎(右投右打・197/88)が1日休むことで万全の状態で登板すると思っていたからだ。しかし、フタを開けてみればそんなことはなかった。光星学院のバッティングが序盤からプレッシャーをかけ続け、藤浪から準決勝までの低めコントロールと緻密なコーナーワークを奪っていた。

ストライクゾーンに投げれば打たれるという強迫観念を植えつけられ、見え見えのボールゾーンに投げてカウントを悪くして、ストライクを取りに行って打たれる、そういう流れが序盤から中盤までの藤浪を覆い尽くし、毎回のように走者を背負う苦しい展開の中に置かれてしまった。

光星学院打線の中で最もプレッシャーをかけ続けていたのが3番田村 龍弘(捕手・右投右打・173/78)と4番北條 史也(遊撃手・右投右打・178/73)だ。田村はストレート狙いで3安打を放ち、反対に北條はスライダーに狙いを定めて2本の二塁打(打点2)を放ち、藤浪を完全に捉えていた。

しかし12安打を放ち、さらに田村、北條、武田 聖貴(一塁手・右投左打・170/75)のクリーンアップで7安打を放っていればもっと得点を挙げていてもいいはずである。結果的に3点しか挙げることができなかったのは、序盤まで多投していた速いスライダーから、遅いカーブやチェンジアップなどを多く交えることによって藤浪のピッチングに緩急が生まれ、それに光星学院打線が対応しきれなかったためである。せめて残塁の山を築いた1、2回に点を入れていれば違った展開になっていたと思う。