2012年03月30日 阪神甲子園球場

健大高崎vs鳴門

2012年春の大会 第84回選抜高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

鳴門、センバツでの収穫と加わった「使命」

 今年で84回の歴史を数えるセンバツでも初めてとなる2試合連続延長サヨナラ勝ちを収め、学校としては1970年(昭和45年)の第42回大会でのベスト4以来、42年ぶりのセンバツ・ベスト8に進んだ鳴門。このベスト8は徳島県勢では夏を含めても2005年(第87回大会)の鳴門工(現:鳴門渦潮)以来7年ぶり、センバツに限れば2003年(平成15年)第75回大会の徳島商以来9年ぶりの快挙である。

さらに言えば四国勢が2勝をマークしたのは2008年(平成20年)センバツの明徳義塾以来4年ぶり。ベスト8以上は2007年(平成19年)第79回センバツの室戸(高知)、夏の第89回大会の今治西(愛媛)以来5年ぶり。鳴門はかつて「野球王国」の名をほしいままにしていた四国勢にとって、暗闇に一筋の光を灯してくれた救世主的存在となったのである。

しかし、多くの選手が昨夏の甲子園を経験している健大高崎の壁は厚かった。「健大高崎の足は警戒していたが、予想以上に速かった」(森脇稔監督)、「相手の足を気にしすぎてカーブが投げづらかった」(先発の小林直人・3年)、「厳しいボールを投げても当ててくる。こんな打線に当たったのははじめて。びっくりした」(日下 大輝捕手・2年)。試合後の弁が全てを物語る。

加えて公立校で唯一のベスト8という責任感も彼らにはマイナスに働いた。「チーム全体でやらなくてはいかん気持ちで臨んだ」(島田寿希斗中堅手)意気込みは気負いに変り、作新学院戦のようなのびのびとしたプレーは陰を潜めることに。7回表・頼みの後藤田 崇作(3年)が「まっすぐで攻めすぎて」5点を失ったとき、夢のベスト4は夢のままで終わった。

【次のページ】 健大高崎vs鳴門(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季リーグ戦優勝!好投手・黒河竜史、無名のアスリートプレーヤー・柳本康希ら拓殖大に入学する期待の21名一覧! 【ニュース - 高校野球関連】
【明治神宮大会総括】今大会の出場選手でナンバーワンのパフォーマンスを示した野手は?進化が楽しみな野手を紹介! 【ニュース - コラム】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs白樺学園【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs倉敷商【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1031回 「全力少女シリーズ」の主演・池田朱那さん 「いつか野球の仕事がしたかった」 【2019年インタビュー】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
健大高崎 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
第84回選抜高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

健大高崎がんばれ!野球小僧 2012.03.29
九州王者神村を苦しめたのは機動力。優勝候補にも通用した機動力を次戦でもみせてください!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る