完封した健大高崎三木君

攻守に充実の健大高崎、自信のベスト4進出

この夏に悲願の甲子園初出場を果たした健大高崎。それが、目に見えない自信となっていることは、間違いない。
「自分たちがやってきたことを出すことが出来れば、負けないんだ」という、そんな選手たちの自信に溢れた気持ちが伝わって来そうな、この日の健大高崎の試合運びだった。

エースナンバーを付けた左腕三木君は、7回を内野安打1本のみに抑えるという完封勝利だったが、これで2試合連続のシャットアウトである。もっとも、新チームがスタートした時点では、健大高崎の青栁博文監督も、「他に投手として任せられるものがいなかったから、投げさせていた」という程度で、それほど期待が対価という存在ではなかった。
それが、県大会1回戦の前橋商戦で10四球を与えて、散々の内容ながらも、何とか負け仲去ったことで意識が変わった。

実は、その後エースナンバーを剥奪されていたのだが、三木君自身も「速い球を投げる投手ではなくて、勝てる投手になりたい」という意識の切り替えをして、「勝てる投手になるには、どうしたらいいのか」ということを、コーチらとも試行錯誤しながら、チェンジアップをマスターと、スライダーのキレを磨いた。そして、県大会優勝、堂々の出場となった関東大会でも連続完封である。

攻めても健大高崎は、この大会でも屈指の好投手の一人に挙げられている千葉英和の艫居君に対して、積極的に打っていき、塁に出れば、アウトもOKというくらいの意識で攻めていっていた。その姿勢が、結果として功を奏した。

初回は内野安打で出ていた2番中山君が二塁盗塁失敗して3人で終わったものの、2回、4番内田君が左前打で出塁して牽制球で刺されながらも、連続死四球を得て一二塁とすると、「何かやってくるかもしれない」という意識でバッテリーが探りを入れてきた初球を7番三木君が叩いて、これが右中間を破る三塁打となって2者が帰った。

さらに、続く秋山君の犠飛で1点を加えてこの回3点。3回にも、1死一二塁から4番内田君にあえてバンドエンドランで二三塁として、大澤君の中前打で2者が帰るという、青栁監督としては、読み通りの試合運びとなった。