2011年10月23日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

明徳義塾vs宇和島東

2011年秋の大会 平成23年度秋季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾先発・福丈幸(2年)

優勝候補が接戦で示した「勝利への定義」

「優勝候補?そこに落とし穴があるんよ」。
これは今大会初日、敵情視察に訪れた明徳義塾・馬淵史郎監督が「優勝候補はどこや?」と筆者に問い、思わず視線を送った瞬間の返答である。

右本格派・最速140キロの福 丈幸(2年)、183センチの大型左腕・小方 聖稀(1年)、「明徳の林昌勇(東京ヤクルト)」最速144キロ右サイドハンド福永 智之(2年)の豪華投手陣3本柱。ムードメイカーの伊與田 一起(2年)をトップバッターに、相手投手に合わせどんな打順も組める剛軟交えた攻撃陣。そして大胆不敵なリードが冴える杉原 賢吾(2年)、伊與田、今里征馬(2年)が組む鉄壁の二遊間、俊足のセンター合田悟(2年・主将)が組むセンターラインを中心とした水も漏らさぬディフェンス。例年以上に「絶対本命」の名にふさわしい形で乗り込んできた秋季四国大会でも、名将の手綱は全く緩んでいなかった。

かくして迎えた宇和島東との初戦。「2007年・こけら落としで小松島高と試合をして以来」(飯野勝部長)となるアグリあなんスタジアムで、彼らは高知県予選5試合30得点5失点の実力をいきなり観衆に披露する。まず攻撃ででは2回表、1死から6番・髙橋拓也、7番・宋 皞均(ソン・ホキュン)の1年生コンビが直球に詰まりながらヒットゾーンに運び髙橋の好走塁もあって1・3塁とすると、続く福の5球目に宋も盗塁で2・3塁に。

いかにも「らしい」相手の動揺を誘う小技の連続で、明徳義塾はプロ注目の144キロ右腕・中川 源和(2年)を徐々に袋小路へと追い込んでいく。
次のボール、中川の「慎重になりすぎた」甘いスライダーを狙い打った福の一打はレフト線に弾み、明徳義塾は2点を先制した。

【次のページ】 明徳義塾vs宇和島東(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明徳義塾が優勝!夏のシード校が決定!【高知県高校総体・最終日】 【ニュース - 高校野球関連】
夏への準備は始まっている?四国大会の総括、そして四国4県地方大会のシード状況 【ニュース - コラム】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
第43回 元MLBプレーヤー岩村 明憲さんが語る、令和に移っても「忘れてはいけないこと」【四国発】
今治西vs宇和島東【愛媛県 2019年春の大会 平成30年度春季四国地区高等学校野球愛媛県大会】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年春の大会 平成31年度春季高知県大会】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
宇和島東 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
秋季四国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る