龍田祐貴が連日の好投

3番・左翼手の岸隆一郎(2年)、6番・二塁手の龍田大地(1年)、7番・三塁手の富岡健悟(1年)、8番・右翼手の山本真之祐(2年)、9番・投手の坂本温基(1年)とこの日の徳島商は、下級生5名をスタメンに並べた。
その起用について徳島商の森影浩章監督は「3年生が、1、2年生に経験をさせてやってくださいといってきましたし、私もそう思ったので起用しました」と3年生と意思疎通したオーダーで試合に挑んだ。しかし、先発の坂本が2回途中降板に続き、前川紀洋(1年)も2回を投げ、作新学院打線に5安打を浴びた。こうなると前日の完投勝利に続き、連投となるエース龍田祐貴が4回からマウンドに立った。この日の龍田祐も見事な投げっぷりをみせ、6回を被安打2の奪三振5と連日の熱投で観客を魅了した。
「張りはあったんですけど、自分は投げた次の日の方が調子いいので、今日はよかったですね。1年生(投手)の二人は、甲子園でもベンチに入っていましたが、全国では初めての登板となったので、いい経験になったと思います」と3年生エースらしい後輩への思いやりも垣間みえた。
翌日の準決勝で対戦が決まった日大三に対しては「是非、先発したい。自分の持っているすべてを出し切りたい」と3連投覚悟で、王者に挑戦状をたたきつけた。野球を存分に楽しんでいる名門の勢い、なかなか頼もしい。

(文=編集部:アストロ)
(撮影=中谷 明

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。