抽選で金沢が勝利

9回を終了し、3対3のタイスコア。大会規定により抽選で金沢が勝ち進むこととなったが、両校ともに持ち味を存分に発揮した試合だった。中でも特にスタンドを沸かせたのが釜田 佳直の登場である。5回1死満塁のピンチで、一塁手のポジションからマウンドに駆け上がった釜田が投球練習を始めた瞬間、スタンドからは「オオッー!」というどよめきが球場を包み込んだ。「凄い拍手をくれたので嬉しかったです」(釜田)。
すると4番・山田一貴、5番・小川宗太郎を立て続けに打ち取り、その後も躍動感溢れるピッチングで、釜田らしさを国体という舞台でもみせつけた。「久しぶりの公式戦という緊張感の中、投げられて楽しかったです。ここ最近は、疲労回復させることに力を注いでいたので、ぶっつけ本番という中で、どうやって繋げるかということも上に繋がる大事なことだと思います」(釜田)と先日(9月27日)提出したばかりのプロ志望届に対する意欲ものぞかせた。

(文=編集部:アストロ)
(撮影=中谷 明

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。